天井下地は303mm間隔で

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、清水区押切の現場で天井下地の状況確認ができたので、その紹介です。

天井下地とは、文字通り、、天井にプラスタ-ボ-ドを貼る為に、木材で格子状に組みます。

そうすると、必然的に、プラスタ-ボ-ドの寸法に合わせたサイズで天井組みをします。
天井下地
天井に使用するプラスタ-ボ-ドは、910mm×1820mm。。

なので、写真のように、まずは303mm間隔で組み、ボ-ドのジョイントになる部分

910mmになるとこは、骨組みもWになります。

家の建築で使用する材料は、基本的には、尺サイズです。。

プラスタ-ボ-ドは、910mm×1820mmが基本

床材は、303mm×1818mmが基本のサイズです。。

1尺=303mm 6尺というと1820mmが世間的には言われてますが、

実は、303mm×6なので、1818mmが正解なんです~


この基本的な天井組み方、下地がどの間隔で設置されているか、分かっていると

天井に何か吊下げしたい時とか、どこに下地があるか、すぐ分かってしまうのですね~。。。
マッハシステム
この押切の機械室、、エアコンが取付され、換気扇がいっぱい付く部屋の床をみると

こんなに無数の穴があいていました。

ここにダクトが取付され、1階へエアコン空気が送られるのですね。

でも、これだけの穴が開くと、床としての強度は無く、、人が乗るのは危険!!

見ただけでも、怖さを感じますね、、床がスポッと抜けそう・・・

今日、現場に入っていた職人さんには、危険だから、ここの床には乗らないでね、、と指示しました。

『のるな、危険!』 なんて表示が必要かも、、ですね。

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから