ロックウ-ルの厚みの使い分け

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区大谷の現場では、天井ボ-ド貼りの作業が進んでいます。

天井のボ-ドを貼る前に、断熱材をその天井下地(骨組み)に断熱材を敷き込みます。

そこで、使い分け。。を写真に撮りました。

ロックウ-ル
55mm厚のロックウ-ル
ロックウ-ル
100mm厚のロックウ-ル
ロックウ-ル
75mm厚のロックウ-ル
ロックウ-ルを天井部分に敷き込みますが、上の3種類を使い分けします。

まずは、55mmの断熱材は、1階の天井部分に敷き込み。。。

ここには、もちろん断熱効果の期待もありますが、

2階からの防音効果と1階と2階を遮断する防火状の効果の期待もあります。

1階で起きた火災を2階へ延焼させない。。。為にもこの断熱材を敷いているのです。


そして、100mmの断熱材。。。

これは、単独では使用しません、、、2階天井部分に使用。。

屋根直下部分です。 100mmと55mmの断熱材をダブルで敷き、155mm厚にします


75mm厚の断熱材はどこに使用??

ベランダ下の天井に使います。 これも単独では使用せず、、

100mmと75mmをダブルで敷き込み、合計で175mm厚にします。

これらをうまく併用重ね合わせ、長期優良住宅を取得、省エネ等級をとっているのです。。。


ロックウ-ル
現場では、苦労する点が、、、

断熱材は、かさばるのです。。。

この写真は、ロックウ-ルの一部しか現場に入れてないのですが、

天井まで山積み状態、、、もう!!材料でいっぱいです。。

家、一件完成すまでに、いろんな材料をほんとたくさん使用するんですね~(笑)

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから