屋根ル-フィング工事のポイント

屋根ル-フィング
こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

先日、上棟した葵区下の現場では、屋根工事がすすんでいます。

そこで、屋根下地防水のル-フィングについて施工チェックポイントです。

まずひとつは

ル-フィングの重ねしろです。 上から下への重ね巾は250以上必要です。

更に当社では、この屋根ル-フィングをもう一枚余分に敷いて、防水対策をしているのです。
屋根ル-フィング
1階の屋根(下屋)部分の
ルーフィングの立上げ
屋根ル-フィング
室内側から見た写真

ちょうどサッシが取付される
ルーフィングの立上げ寸法チェック
屋根ル-フィング
窓台まで、約250mm




下屋が外壁にあたる部分は、よ~くチェックが必要です。

写真のように、250mm以上、ル-フィングが立上がっていれば、安心ですね!!
屋根ル-フィング
屋根ル-フィング

他には、下屋の端部にこのように、ル-フィングの折り返し・・・

屋根と屋根の接点(谷といいますが)、この部分に捨て板金が必要

これを捨て谷、と言います。

見えなくなる部分の防水処理、油断すると雨漏りにつながるので、よ~くチェックです。

寸法的な基準をみたしていない工務店が多いのも現状らしく、

先日の研修で講師がしきりに言ってました。。。。マルモは、もちろん大丈夫!!です。

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから