工事現場には明りが必要です

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、朝から肌寒い雨でしたね。

雨が降ると、建築現場は影響を受けます。

外工事ができなくなります。基礎や屋根、外壁工事などなど

今では、みな電動工具を使うので、雨模様だと工具が使えず、、作業は中止ですね。

そして、

雨が降ると、実は内部仕事にも影響を受けるんです。

それは、晴れに比べて室内が暗くなること・・・外からの光がないので、かなり暗くなります。

なので、室内には明りが必要で、仮設照明が必要になります。
工具の明かり
工具の明かり
手元が暗いと、正確な仕事ができません。。

今の工具って、みな明かりがつくんですよ。。

充電ドライバ-も押切り丸鋸も、、写真のように明りが・・・
工具の明かり

さらに、充電式の懐中電灯みたいな、こんな明りアイテムもあるんです。。

バッテリ-が他の工具にも、そのまま使えたり、、凄く便利です。
工具の明かり
もちろん、部屋全体を明るくするために、蛍光灯で全体を照らしたり、、

各業者さんは、自分たちで工夫して、正確な仕事ができるよう、明かりを確保しています。

技術も道具も材料も日々進化していますね。。

ほんと、道具次第で出来栄えもキレイになります。


さぁ、みんな!! キレイな作業をお願いしますよ!!

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから