天井を支える吊り木の間隔

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市葵区唐瀬の現場では、天井の下地とその工事に伴って、断熱材を入れ込む作業をしています。

そこで、天井を支える吊り木の確認をしました。
天井吊り木
梁・桁組みの下へ、天井ボ-ドを貼る為に、このような格子状に木材を組みます

天井ボ-ドの大きさは、一般的に910mm×1820mmです。

なので、その格子状の天井下地の間隔は、303mmピッチで組んでいきます。

そうしないと、天井のボードが落ちてきてしまっては、大変ですもんね。

さらに、その格子状を支える(梁から支える木)を天井吊り木と言います。


天井吊り木
この矢印が、天井吊り木です。

上から吊ることで、天井を支えているのですね~。

上の梁に取付するので、当然、梁の間隔と一緒で、910mmになります。

梁と並行方向も、しっかりと910mm間隔になっているか、、、そこを要チェック!!ですね。

ここの葵区唐瀬の現場、、もちろんOKでした。。


天井下地ができあがると、
天井吊り木
天井にロックウ-ルの断熱材を隙間なく敷き込みます。

もちろん、この断熱材の敷き込みも問題なく、OKでした。

丁寧に施工されているので、安心・安心・・・・

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから