プラスタ-ボ-ドの使い分け

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市清水区追分の現場では、内部のプラスタ-ボ-ドが順調に張り作業が進んでいます。

壁や天井にプラスタ-ボ-ドを貼ります。  プラスタ-ボ-ドって??

石膏の表面に紙を貼ってあるのがプラスタ-ボ-ド。。。

では、なぜ? 建築の壁や天井に石膏ボ-ド(プラスタ-ボ-ド)を貼るのでしょう??

単純にいうと、石膏ボードは燃えないから、、、なんです。  そう火災に強いんですね~

ある部屋が、火事になっても隣りの部屋に延焼しないようにプラスタ-ボ-ドで、せき止める。

これが、防火上、、すごく有効になっているのです。

そのプラスタ-ボ-ドにも、張る場所によって、当社では使い分けをしています。

プラスタ-ボ-ド
上の写真は、1階部分。

①壁のボ-ドは、普通のプラスタ-ボ-ドを貼ります。

②天井は、強化プラスタ-ボ-ドを貼っています。。。

1階の天井ってことは、2階につながる天井・・・そこには、

さらに燃えにくい強化プラスタ-ボ-ドを当社では貼っています。

1階~2階への火災の時の延焼をさらに防ぐ。。。感覚でしかすぎないのですが、、

強化ボ-ドは普通のボ-ドに比べて硬いと感じますし、石膏が凝縮されている感じです。
プラスタ-ボ-ド
上の写真は、2階です。

③天井ボ-ドは普通のプラスタ-ボ-ド

④壁ボ-ドは普通のプラスタ-ボ-ド

2階建ての場合、上に居室がないので、普通のボードを貼っています。

さらに、細かく言うと、、天井は、3尺×6尺のサイズ 壁は、3尺×8尺のサイズ  

それぞれのプラスタ-ボ-ドを貼っています。。
プラスタ-ボ-ド
もうひとつ、洗面」やユニットバス廻りには、

写真のように」、緑色のボ-ドを貼っています。。

これは、耐水ボ-ドです。。

洗面やユニットバス付近は、どうしても湿気などこもりがちです。 そこで、

防水ではないですが、多少、水に強い耐水ボ-ドを貼っているのです・・・

緑色のプラスタ-ボ-ド、、、これが耐水タイプなので、現場にこられたら、すぐ分かると思います。

プラスタ-ボ-ドも使い分けする。。家づくりで意外と重要ポイントかもしれませんね・・・

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから