床見切りにはアルミのフラットバ-を取付

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、床の見切材について紹介です。

これは、床の仕上げ材が異なるとき、色が違う時に使用するものです。

例えば、リビングがフロ-リングでそこから入る洗面室がフロア-タイルの時、、

床が変わります。。その変わる位置で、このアルミの見切り材を取付しているのです。

フロ-リングとフロア-タイルをお互いに付きつけでも、構いません、、、

でも、このような一本見切り材が付くことで、まっすぐに見えますし、きれいな納まりなんです。。
床見切り材

床見切り材

床見切り材は、厚さ3mm、高さ13mmです。

この高さにこだわりがありまして、、13mm、これがポイントで重要なんです。

床フロ-リング材は12mmだから、見切り材も12mmで良さそうな感じもしますが、

ボンドをつけて床を貼ると、12.5mmぐらいの厚さになってしまいます。。

そうすると、12mmの見切り材では、0.5mmぐらい下がってしまうのですね~。

そこで、こだわりの13mmにしているのです!!


それが取付されると、下の写真のようになります。
床見切り材

床見切り材

床見切り、、、いろんな建材メ-カ-さんの既成品見切り、、あります!

でも、みな、厚くて、ごつくて、ちょっとデザイン的に・・・って感はあるので、

マルモホ-ムは、こだわってこの特別見切りを採用しているのです。

あまり、みなさんに知られていない、この床見切り、、、こんなとこまで、こだわりのある施工していま~す。

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから