天井下地は、@303mmピッチ

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、藤枝市岡部町の現場で、内装下地が進んでいるので、その紹介です。

おもに天井下地。。

先日、紹介した屋根の骨組みの下に、プラスタ-ボ-ドを貼る為に組むのが

この天井下地です。。ってことは、単純に考えても、

そのプラスタ-ボ-ドの大きさに合わせて、下地組みをするのが一般的です。

なので、、天井下地は、尺モジュ-ルになります。

プラスタ-ボ-ド一枚は、910mm×1820mm なんです。
天井下地

天井下地につかう材料は、30mm×40mmの野縁って材料です。

それを、上の写真のように、組んでいるのです、、、

当然、ボ-ドとボ-ドのジョイント部分には、幅広い木材を使用して、

ボ-ドがしっかり留まるようにしています・・・

その下地の間隔は、基本的に、303mm間隔になります。。。

ちなみに、壁のボ-ドは、455mm間隔なんですね~
天井下地

天井下地

このように、下地組みできると、、

この後は、電気の配線をして、天井に断熱材を充填していくことになります。

で、そのあとにボ-ド貼りですね。。


こうやって室内の天井が出来上がっていくのですね~

何か、天井に吊るしたい時、備品をつけたい時、、プラスタ-ボ-ドではビスが効きませんので、

このような下地(木材)にビスを取付したいとこ、、、この下地間隔がイメ-ジできれば、

備品の取付にも苦労しないですね!!

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから