2階からの排水菅には防音配管を使用

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区国吉田Aの現場では、内部配管がほぼ完了。

内部配管とは、設備機器につなげる為の、排水菅や給湯菅、給水菅のことを言います。

その排水菅、、2階からの配管は、写真のように、青い何か被覆された菅を使います。
内部防音配管
グレ-の一般配管に断熱材がまかれた配管なんです。

これは、ひとつに、2階に設置したトイレやキッチン、またはユニットバスがあった場合、

その排水が流れた時に、1階の室内に排水音が響かないように、音を小さくする為なんです。

意外と生活音というか、排水音って配管内で反響して響いたりするのですね~

さらに、断熱材がまかれているので、結露もしにくいのですね。。。

パイプスペ-ス内で結露して、壁の中がびしゃびしゃだったら大変なことになりますもんね。。
内部防音配管

内部防音配管

国吉田Aの現場は、2階にユニットバスやキッチン・洗面があります。。

なので、このPS(パイプスペ-ス)には、ユニットバスとキッチン、洗面用の雑排水の管と

トイレ用の汚水管が、合計2本あるわけなんですね。

基本的には、汚水管と雑排水菅は、家の外に出るまで、別々の配管ル-トになるのです。。
内部防音配管
排水菅の防音処置はこのようなことをしています。

では、給水菅の場合、、『ウォ-タ-ハンマ-』という現象が起きたりもします。

それは、水道蛇口を開けて、水を出し、蛇口を締めた時に、水圧が止まる反動が給水菅にかかり

『ドン!』という音がすることです。

これは、最近では、ポリブデン菅というプラスチック菅で断熱材がまかれた物を使用しているので

ほどんどその現象を聞いたことがありません、、

さらに壁や床下に配管をしっかりとバンドで留めているので、心配いらないのですね~。。

衛生配管では、音に対する配慮、結露に対する配慮、、、これが実はポイントになっているのです。。。

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから