屋根の一次防水、ル-フィングは大切です

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区大谷の現場に行って、屋根工事作業の確認をしました。

屋根葺き材は、Kmewコロニアルグラッサ、、、俗にいうスレ-ト葺きですね・・・

その材料は、かなりの枚数、重量もあるので、

このように建物足場に専用のハシゴを架け、そこにレ-ルが付いていて、荷台が電動で上下する、、

こんな機材で、屋根上まで荷揚げしています。。
屋根材の荷揚げ

その屋根材を荷揚げしたら、各屋根に、材料を振り分け、、、
屋根材の荷揚げ

屋根材の荷揚げ

一カ所に集中して屋根材を積み上げると、荷崩れする危険があるので、

このように、小振り分けして置くのがベストですね!!

高所作業なので、安全第一!! それが重要です。


そして、屋根の防水チェックをしました。

防水チェックといっても、一次防水のルーフィングの納まりチェックですね。

ル-フィングと壁との接点部分が重要です。


ル-フィングの納まり

ル-フィングの納まり

壁との立上りルーフィングの寸法は、250mm以上必要、、

300mm以上立ち上っているので合格~ですね。。

さらに、出隅や入隅部分も、要チェックです!

この部分は、やはり3点交面といって、ピンホ-ル、小さい隙間ができやすい部分。

水が入らないか、ピンポイントで、この小さい部分をチェックですね。

下貼りや捨て貼りをしっかりと施工してあるので、合格~!!!です。
ル-フィングの納まり

もうひとつ、重要ポイント。。。

下屋部分と壁がぶつかる部分でのル-フィング納まりです。

ル-フィングが下屋に差し込むように捨て貼りしてあること!! これが重要で

こうすることで、この下屋と壁との接点から雨漏りすることを防ぐのです。


とにかく、3面の交点やピンホ-ルができそうな部分、、そこを雨漏り対策として

よ~く見ていれば、長持ちする家が出来上がるのです。。

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから