和室造作材は桧を使用

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市葵区瀬名川の現場へ行き、内部工事の進み具合を確認しました。

1階に和室があるのですが、その入口枠などを大工さんが加工して取付していました。

そこで、

和室の造作材について紹介です。
和室造作材
和室造作材
当社で使用している和室の造作材は、桧を使っています。

さらに、板目で節がありません、、、キレイな桧材です。。

ですが、この桧材、、実は集成材です。

そう、無垢材ではないのです。

切断した断面を見てみましょう・・・
和室造作材
和室造作材
集成材に薄い単板を貼ってあるのです。

その板厚は、0.5mmぐらいでしょうか。。

集成材なので、反りやくるいが生じにくいので、大工さん達は加工しやすいですし

安心してお客様に提供できますね・・・

表面は無垢なので、もちろん和室の造作材としておかしくありません。。


逆にいうと、この単板を貼る技術がすごいですね!!

どうやって、桧無垢材を0.5mmほどにスライスしているのでしょう??

写真の材料は、3本引戸の鴨居(かもい)です。 上の枠材です。
和室造作材
この溝の大きさ・・って実は決まりがあるんです。

和室の場合、【4分7】(しぶひち)と言って、4分の山に7分の溝。

要は、12mmの山、21mmの溝。

ここに30mmの建具がはまると、次の建具と3mmの隙間になるのです。


ここで、尺貫法についても紹介・・・

1尺は303mm 1寸は約3cm 1分は約3mm そして、1間は1818mm なんです。

日本の住宅は、まだまだ尺モジュ-ルが多いですね、、当社でも尺モジュ-ルが基本です。

実は、建築のいろんな材料って、尺用にできているので、尺モジュ-ルでつくると

材料に無駄が出ないのです、、、これに対して、メ-タ-モジュ-ルですと、

尺用の材料では、あとちょっとだけ材料が足りない・・・なんて事が発生して。。なんですね~


和室の工事をすると、こういった昔ながらの和の工法を思い出しますね。。

  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから