生き節と死に節

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

先日、静岡市葵区瀬名川の現場で、ウレタン吹付け前、、、金物や筋違いなど構造チェックをおこないました。

筋違いの本数や配置のチェック、ホールダウン金物の取付、羽子板、筋違いプレ-ト、スリムプレ-ト、、

要は、柱の引き抜きの金物、梁の接合金物、それらを確認申請図通り、構造計算通りに取付されているか、、です。


そして、それとは別に、木材もチェックしてみました。
構造チェック
構造チェック
木材は、柱が桧(ひのき)  梁が米松(べいまつ)  筋違いも米松(べいまつ) を使っています。

もちろん自然の物なので、木材には、良し悪しが出てしまいます。

その良し悪しを簡単に見分ける方法、、それが節(ふし)を見ればいいのです。

節は、そこから枝が出ていた部分です。その節が、生きているのか、死んでいるのか、そこなんですね~。

生きている節を『生き節』といって、構造的にも強度的にも問題ありません。目が詰っているのでOKですね。

しかし! 生き節と違い、その節が抜けてしまっている、くっついていない節があって

その節を『死に節』と言います。。死に節は、抜けてしまうわけですので、

構造体に穴が開いてしまっている状況。。小さい死に節なら、強度的に問題ないですが、

木材の角が節で欠けてしまったり、大きな死に節だとアウトです。
構造チェック
構造チェック
上の写真のように、柱にも筋違いにも、やはり節はありましたが、

みな生き節なので、大丈夫ですね。。安心しました。

残念ながら、現場では死に節がどんなものであるか、具体的な例として写真が撮れなかったので

ネットで検索して画像をちょといただきました。
構造チェック


  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから