建築部ブログ

軒樋に注目

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区国吉田Aの現場で、足場を登り、足場撤去前に外廻りのチェックをしてみました。

まずは、外壁の通気です。

基礎部分、外壁の一番下水切りから、空気が入り

外壁サイディングと防水紙の間を空気が上へと流れます。。

その一番上の部分、、軒天と外壁がぶつかる部分に、通気口が必要になるのですが

その部材が、イ-ヴスベンツという材料
軒天通気

下から上がってきた空気は、ここから外へと抜けるようになっています。

木造骨組みを長持ちさせるポイントは、換気・通気です。

湿気が壁内に溜まらないよう、空気の流れをつくることが重要なんです。

さらに、ここから雨漏りしないか、適切に取付されているか、、、確認しました。
軒樋

上の写真、、

屋根先の取付く軒樋なんですが、一般的な樋と何か違うのがわかりますでしょうか??


なんだか。スッキリしていませんか?。


軒樋

普通の樋ですと、上の写真のように、、樋の受け金具があります。

しかし、当社で採用している軒樋は、この受け金具がありません、、

いや! 無いわけではなく、見えないのです。
軒樋
どうやって、その軒樋が取付されているか、というと、

軒樋の内側に、金具が入り、引掛けるような形で軒樋を吊り込みされてます。
軒樋
さらに、この軒樋は、大型で屋根と一体化してるように見える物。

他の工務店さんの樋、おそらく結構、小さいですよ。

デザイン性を重視したこの樋を、当社では、ほんとこだわりをもって採用取付しているんですね~


花粉
屋根のガルバリウム鋼板の軒部分を見ると、、

黄色く汚れがついていました。

んがぁ~!! 花粉ではないですか!!

すごいですね。。普段はまっている花粉、目に見えにくい花粉が、

こうやって溜まっているではないですか・・・

私は、全然、花粉症とは縁がないので平気なんですが、

花粉症の方がこの屋根状況をみたら、それだけで鼻水が出てきそうですね(笑)

外壁に付く備品

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、藤枝市岡部町の現場、、足場撤去が先日完了したので、その確認に行ってきました。

建物の外側に設置されていた足場がなくなると、ほんと現場が、せいせいします。スッキリしますね。

監督としては、足場がとれることで、ひとつの節目をむかえます。

さぁ、完成に向けてラストスパ-トって感じです。
足場撤去
足場撤去
ここの現場は、ほぼ平屋建て、、一部ロフトみたいな部分があります。

天井高を2m40cmにしているので、確認申請上は、2階建てになります。

片流れでそのまま小屋裏部分を2階申請した、、ってことですね。

その片流れを利用して太陽パネルを屋根に乗っけてあります。

シャ-プの10.8kw  パネル数は48枚  その確認もできました。
足場撤去
いろんな設備機器など外壁面につく備品は、玄関など正面側でないことが主流。

ここの現場も玄関(道路側)でない、反対側の外壁面にいろいろ取付されています。

まず、屋根の先端には、地デジアンテナ。  普段は、壁面に四角い長方形のアンテナが

取付されますが、少し電波が弱いところですと、このように、横長のアンテナが屋根の上に取付されます。

シャ-プの太陽光パワコンは、外の設置もできますので、ここへ取付。

キッチンや浴室の換気扇フ-ドが取付されてます。

浴室の窓によく取付される可動型ル-バ-格子は、外側からみるとこんな感じです。。

先日、、防犯の事をこのブログでも紹介したように、やはりこの現場でも

裏側になる視界部分には、このように縦格子をつけたりル-バ-格子にして、防犯していますね。。。


きちんと外部器具付けされていたので、安心しました。

開花宣言

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

我家の緑のカ-テン、、、ジャスミンの色が変わってきました。

最近までは、緑一色でしたが、すこしピンクがかってきて。。。
ジャスミン
道路面に設置してあるフェンスから、2階の窓へ網を張り、

それに沿ってジャスミンが育っています。。

ここまで、大きくなるには、約5年ぐらいかかっているでしょうか・・・

先日の台風、去年10月にきた台風24号には、参りました。。。

朝、起きてみると、このジャスミンが、落下。 フェンスのとこで、ぐちゃぐちゃになっていました。

2階の窓からロ-プで吊り上げ、復旧したのですが、荷揚げするのが重くて、、、ジャスミン自体の損害もあり

そのジャスミンが、ここまで何とか育ってくれました。。。
ジャスミン
ジャスミン
ピンクがかってきたジャスミンを近くで見ると、

結構、つぼみが大きくなっていて、開花しそう。

全体では、3輪ほど咲いていました。 桜の開花基準は、5~6輪だそうです。

ってことは、まだ我家のジャスミンには、開花宣言が出せず、、来週は暖かくなりそうなんで

来週中頃には、多く開花しそうです。。。

床を支える束は鋼製

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区大谷の現場で、土台・大引の設置です。

とにかく大きい現場なので、大工さんも大変~。

やっても、やっても、土台大引の設置が終わらず、、
土台設置
土台設置
その土台設置の外部側部分には、

隙間を埋める為、発砲ウレタンを吹付け、、カ-トリッジ式ですが、シュ-と吹いて

土台と基礎の間が、モコモコとしています。。。
土台設置
鋼製束
床を支える材料で、土台(どだい)と大引(おおひき) があります。

土台は、基礎の上に載っている材料で、105mm角。

大引は、その土台の間に入る材料で、90mm角。

その大引を支えているのが、束(つか)と言います。
鋼製束

鋼製束
この束は、むか~し、、木製でした。

土間の上に石を置き、その上に束を建てて、大引を支えていました。

しかし! 木製ですと、白アリの被害にも受けやすい、

木材が痩せて、床がギコギコ鳴ってしまう。。。そんな状況がありました。

そして、ちょっと一昔前、、、木製の束からプラスチックの束になりました。

そう! 腐りにくくなりました。

そして、現在!  写真のように、束には鋼製の物を採用しています。

鋼製束の良いところ、、

もちろん、腐らないし、白アリの心配もいりません、、丈夫ですし、、、、

何より、ナットにて高さ調整が自由です。。

万が一、木材が痩せて、床がギシギシ鳴っても、この鋼製束をくるくる回してあげれば

木材の緩みがなくなり、同時に床なりもなくなるのです。


ここの現場も、来週、上棟です。  楽しみですね!!

基礎の上に土台を設置

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区鎌田の現場で、大工工事が始まりましたので、その立会い・指示に行きました。

新築住宅における大工さんの作業スタ-トは、この土台設置から始まります。

基礎の上に、文字通り家の土台となる部材を取付する作業です。

基礎の上に墨出し(位置出し)をして、その墨に合わせながら、プレカット(工場加工)された

土台と大引を取付。
土台設置

では、下の写真の この『きのこ』みたいな金物は、どこに使うのでしょう??
土台設置



正解、


これは、、、基礎(コンクリ-ト)と土台(木材)を緊結する。締め付ける金物です。

スクリュ-ナット と言ってます。

基礎の天端から出ていた、12mmのボルトに土台を差し込み、このナットでぐいぐい締め付けます

土台設置

土台設置
土台設置

このナットを締め付けるにも、、一般的な六角ではないので、

専用の星型の工具が必要になります。。。

締め付けるに、そうとうな力がかかるので、普通の六角ではなめてしまい、、

俗にいう、バカになってしまう、、、なので、こんな星型をしているのですね~


この上に、28mmベニヤを直接しくので、土台よりボルトが出てしまうとOUT!

だから、土台の天端と面一(つらいち)になるようなボルトを使うのですね~


建築では、いろんな材料、いろんな工具が必要です。

こうやって見ると面白いですね~

静岡市駿河区鎌田で上棟祭

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、夕方から、先日上棟した現場、、、静岡市駿河区鎌田で上棟祭をおこないました。

当社では、上棟式でなく、お祭りとして上棟祭を開催しています。

〇〇様邸に実際に携わる業者さん達を呼んで、お客様と顔合わせも含めて、お祭りしました。
上棟祭

上棟祭

上棟祭

上棟祭
工事担当挨拶から始まり、

祭壇にむかって、『ニ礼・二拍手・一礼』。

上棟飾りを2階の柱へ取付して

お塩・お米・お神酒で、家の四隅の柱をお清め・・・

1階の柱に、想い出を筆入れして、

各業者さんから、挨拶、言葉をいただいて、、、

お神酒で乾杯~!!

3本締めで、、最後にみんなで記念撮影!!
上棟祭
ちょっと緊張した祭典でしたが、みんな笑顔あふれる、いい上棟祭になりました。

お客様のワクワク・ドキドキが凄くみんなに伝わる場になりました。

今日も、お客様から、いっぱい幸せいただきました!!

防犯ガラスのCPマ-ク

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、防犯ガラスについて、紹介です。

防犯わせガラスなのか、普通のペアガラスなのか、、、見た感じでは、わかりません。。

では、一般の人は、どこを見れば、防犯ガラスなのか、わかるのでしょうか??
防犯ガラス

防犯ガラス
ガラスの下の方に、このようなシ-ルが貼られています。

もちろん、言葉で『防犯合わせガラス』と書いてありますが、

このCPマ-クが、認められたガラスであることの証明マ-クなんです。

防犯=Crime Prevention  頭文字をとって、CPなんですね。

防犯わせガラスの構造は、2枚の板ガラスの間に、柔軟で強靭な特殊中間膜を挟んで加熱・圧着したガラス

表側のガラスを割られても、その中間の膜を破る貫通されることが困難で、防犯上有効なんですね。

住宅の道路面に面している窓は、表から目に入るので比較的 安心できますが、

裏にあたる部分の窓は、このような防犯ガラスにしたり、シャッタ-をつけたり、

格子を付けた方が安心です。。道路からの視覚が遮られている部分は、要注意ですね。


お風呂の窓の防犯処置です。
ル-バ-格子窓
これは、窓の外側に、ル-バ-格子が取付されています。

そのル-バ-を可変するので、光や風の取り入れ方を自由に変えれます。。。
ル-バ-格子窓
ル-バ-格子窓

ル-バ-格子窓

窓の斜め下に、調整バ-がついていて、それを上げ下げすることで、ル-バ-が動きます。

閉めてしまえば、外からの目線を完全にシャットダウン。

少し斜めにル-バ-を開けて風通しをすれば、カビ対策にもなりますね。。

さらに、もちろんル-バ-で外からは取外しできないので、防犯上も有効!!

お風呂の窓には、このル-バ-格子が、超お勧めですよ。

基礎断熱と床断熱

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区大谷の現場では、断熱工事をおこないました。

明日から、大工さんによる土台設置工事がはじまります。。

その前に、基礎の表面に発砲スチロ-ル型の断熱材を貼付しました。

基礎断熱と呼ばれる工法です。
基礎断熱
基礎断熱
基礎立上がり部分の外周部、、外側に面する部分に厚さ50mmの断熱材を貼付

その土間部分にも折り返えし、50cmぐらいの巾で貼付け。。。

基礎断熱工法は、基礎に断熱材をはることで、床下部分も断熱する、、という事なんです。。


そして、当社標準としているもう一つの工法に

床断熱、と言う工法があります。
床断熱
これは、床ベニヤのすぐ下、、

土台、大引の間に、グラスウ-ルボ-ド厚さ80mmを敷き詰める工法です。


基礎断熱と床断熱、それぞれ特徴があり、良し悪しはそれぞれです。

基礎断熱は、床下も気密をとるので、湿気など溜まりやすい、、なので、

当社では、マッハシステムの時に採用している工法。。でも、床下まで空調管理するので、床が温かいですね。

一方、床断熱は、床下換気するので、湿気は溜まにくく換気されている状態。。

どちらが、絶対にいい工法です! とは言えませんが、、

基礎断熱にしても、床断熱にしても、、床下で見えにくくなる部分であること

白アリに注意しなければならないこと、、その辺の対策、換気計画を床下でしっかり施工しないと!です。


さぁ! 明日から、大工工事に突入。 楽しみぃですね。。。。


屋根材の荷揚げは大変です。

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区鎌田の現場で屋根材の荷揚げ。

この屋根材は、ガルバリウム鋼板。

建物が、片流れの屋根なので、その部材ガルバリウム鋼板も長くて、、、

そんな部材の荷揚げは、超大変です!!
屋根材の荷揚げ

屋根材の荷揚げ

現場に接する道路が狭いので、この荷揚げの為に、通行止め。

近隣の住民みなさんには、事前にお知らせをし、、今日は、警備員さんをつけ、交通整理もお願いしました。

あまり朝早いと、ご近所の通勤時間になるので、作業は、9時から開始。

4tトラックのロングタイプの上にのせ、材料が現場に到着。
屋根材の荷揚げ

屋根材の荷揚げ

トラックを横付けして、屋根材を一枚ずつ、5人がかりで屋根上まで手あげです。。。

足場の上で中継しながら、、、

荷揚げ作業は、約1時間ほどで完了。
屋根材の荷揚げ

屋根材の荷揚げ

ここの現場の屋根勾配は、1.5寸、、、緩い勾配です。

緩い勾配ですと、カラ-ベストなどの一般的なスレ-ト屋根材は、OUT!

雨漏りする可能性があるのでダメなんですね~

しかし! このトタン屋根、ガルバリウム鋼板なら、1.5寸勾配はOK!!

なんですが、水上~水下まで、、、要は棟から軒先まで、一枚で施工しなければなりません。。

この現場の片流れで、その一枚の長さが、最大で約11m。。

そうなんです!! 11mの部材をトラックで搬入、荷揚げするわけなんですから、ほんと大変でした。


重い材料を荷揚げしたり、このような長い材料を荷揚げする時って、うまく計画通りできるのか

小心者?である私は、意外といつも実は、現場でハラハラしています。。。


今日の荷揚げ、

みな安全に作業でき、無事に荷揚げもできたし、近隣からのクレ-ムもなかったし、、

ほんと良かったです。。安心して今日は眠れそうです・・

筋違い取付と中間検査

こんにちは。 マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区鎌田の現場では、筋違い取付や金物取付などなどが完了し

下地工事が進んでいます。外壁防水紙も貼れてので、

今週末にはウレタン吹付けの作業になります。。。

外壁廻りにウレタン吹付けしてしまうので、筋違いや金物が見えなくなってしまう、、なので

その前に中間検査を受けなければなりません。。。

建築基準法の中間検査と瑕疵担保責任保険の検査です。
中間検査
中間検査
コンセントやスイッチなどの電気関係、、キッチンのダクトなども

ウレタン吹付け前に施工が必要ですね。
中間検査
1階のリビングの横には、床の高さがH400の畳コ-ナ-があります。

普通の床組のように、一段あがったとこに、このような梁組をするわけなんですね~

そして、その梁組の高さは、リビング床から、312mmの高さで組んであります。

段差400mmにしたいのに、なぜ?312mmなんでしょう?

それは、畳の厚さを下地ベニヤの分を差し引いているからなんです~

畳厚さは60mm ベニヤは28mm 

仕上がりの厚さなど、しっかりと計算しないと、、、なんです。
中間検査
現場に向かう道を行くと、このように正面に、足場にかかった看板シ-トが

ド-ン!と見えます。。

この看板シ-トは、『マルモホ-ム』だ! とすぐ分かるように世間に浸透させたいですね~
マルモへのお問い合わせ・資料請求・プレゼントのお申し込みはこちら


scroll-to-top
  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから