蛇口レバ-の方向

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

駿河区高松の現場では、見学会が終わり、、いよいよ引渡しになります。

どの現場もそうですが、引渡しとなると、何だか寂しくなるのが、毎回です。。

普通のキッチンなんですが、オ-プンキッチン、アイランド型に、造作を工夫することで

そう見えているので、写真に撮りました。。。
オ-プンキッチン
そして、キッチンの水栓について、紹介です。

水を出す水栓レバ-、、ひと昔前から、仕組みが変わっているの・・・みなさんご存知ですか??

現在では、上へレバ-を上げると水がでます。。が! 昔は、その逆で、レバ-を下げると水が出ていたのです。
レバ-水栓
レバ-水栓
このレバ-水栓の、下から上へあげる仕組み、、いつ変わったのでしょう??

それは、『阪神淡路大震災』の時、その後から改善されたようです。

キッチンなど、上から物が落ちてくると、レバ-が下がり、水が出て、

震災後、家の中はぐちゃぐちゃ、でも、水が出っ放し・・そんな事が起きたようなんです。

そこで、各メ-カ-さん改善されて、この時代から、レバ-を上に上げると水が出るようになったのですねぇ~
レバ-水栓
レバ-水栓
もちろん、キッチンの水栓だけではありません・・・

洗面などの水栓も同様で、レバ-を上げると水が出るようになっています。


『阪神淡路大震災』・・・1995年、1月17日に起こりました。

凄く、私の中では心に深く刻まれています。


阪神淡路大震災
私が大学卒業して、2年後のことでした。

神戸芸術工科大学を卒業していまして、神戸には深く想い出もありましたし

大学の同僚が、みな被災しました。。ご両親を亡くした友達もいました・・・

上の写真の阪神高速道路、、その下の国2号線も、よく通っていましたし、馴染みがある場所でした。

この当時は、大学卒業して、静岡に戻り就職して2年目・・・ほんと驚きというか、

私が4年間住んでいた街並みが、崩れてショックと共に、みんなのことが心配でした。

震災後、い~っぱいの食糧や水を持って、神戸にむかった事を覚えています。

当時、神戸に降り立つと、もう町はぐちゃぐちゃ、、でした。どれがまっすぐに建っているのか、

道路の舗装も、うねうねで波のようですし、何もかも、斜めでした。

思い出すと、ほんとツラい記憶です。。

実は、震災後、救援に行った以来、神戸にはゆっくり行ってません・・

(仕事で、神戸を通過した事はありますが・・) 

復興した街並みは、見たいのはやまやまなんですが、なんだか見るのが怖い感じがして、、

20代、大学時の、想い出に残る町並みはもう無いので、、、


阪神淡路大震災について語ると、止まりません・・・

ですが、キッチンなどの水栓の仕組みが、この時から変わったのは、事実のようです。。。



  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから