ブログ

コンクリ-トには目地が必要

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区鎌田の現場では、外構工事も完了。。

さぁ、引渡しにむけてラストスパ-トです!!

ちょっとした備品を来週取付すれば、引渡し準備も完璧です。

今日は、外構チェックしてみました。
外構工事

玄関前には、駐車場の土間コンクリ-ト。

さらに、この小さなカ-ポ-ト的なものは、、自転車用。。サイクルポ-トと言います。

駐車場の土間コンクリ-トをよく見ると、、
外構工事

駐車場の中央付近に、黒しラインが入っています。。

これは、なんだか分かりますか??


これ、コンクリ-トにとって、超重要な物なんです。


それは、誘発目地、吸収目地、なんです。  ??って思いますよね。

ここの黒い部分でコンクリ-トの収縮を吸収して、表面にクラックなどの割れを出さないようにしているのです。

コンクリ-ト擁壁や大きいコンクリ-ト製品など、エラスタイトというゴム状の物を入れたりもします。

コンクリ-トって、セメントと砂、砂利、水を混ぜて作ります。

当然、その水分が蒸発すれば、縮むわけですから、クラック発生するのです。

それの吸収するのが、この目地の役目、、、コンクリ-トを長持ちさせるためには、ほんと重要です。
外構工事
外構工事

裏の駐車場の方も確認しましたら、しっかり目地材が土間に入っていました。

良かった、、安心しました。。。

でも、、この目地材を土間に入れれば、絶対にコンクリ-トにクラックが入らないわけではありません・・

どこに収縮が集中するのか、あるいはどこに土間コンの力が発生するのか、なかなか分かりませんので

どこかしら、この後も、クラックの発生することはあるでしょう・・

でも、でも、、心配いりません!! 

たとえクラックが発生しても、コンクリ-ト強度には、絶対に問題ありませんので・・

ヘア-クラックという細いすじならOKです。 コンクリ-トが爆裂して中の鉄筋まで見えてしまったらアウトです。


もし、気になるコンクリ-トのクラックがあるようでしたら、私、川口まで連絡ください。

地震の時の応急危険度判定士や一級施工管理技士などなど、

一応、資格と知識を持っていると思ってますので、適格な判断ができると思います。。。

来週の見学会で丸窓見てください

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区下川原の現場では、来週末に見学会があります。。。

今は、内装工事中・・・仕上げている段階。

明日は、足場撤去。 外壁が全体のお目見えですね!!


さて、内部なんですが、

先日、このブログで紹介した丸窓の取付が完了。。

いい感じに取付され、ホビ-スペ-スに座った家族がよ~く見えそうです。
丸窓
丸窓
これで、廻り壁紙が貼られれば、、、

丸窓も際立ち、いいシルエットになりそうです。
丸窓
丸窓

以前、紹介した丸窓の組立て・・

1/4の半丸の造作枠をこのように組立て、壁にくっついてます。

出来上がってしまうと、取付とか加工とか、その苦労が見えなくなってしまいますが、

大変な作業だったことは間違いないですね。。。


フリ-スペ-スと和室の境壁にあるこの丸窓、

是非、フリ-スペ-スのカウンタ-前に座って、丸窓を覗いてみてください。

さぁ! そこからの景色は?? 何が見えるのでしょう??


現場担当として、この丸窓の取付、、、見てくださ~い!!

キッチンの取付はまずはパネル貼りから

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区大谷の現場で、キッチンの取付作業をおこないました。

キッチンのメーカ-は、タカラさん。

加熱器(IH)の前には、壁が無いタイプ、、、アイランド型キッチンです。

キッチンの取付施工、、まず現場で行うことは、壁にキッチンパネルを貼ることから始まります。
キッチン取付
そして、キッチンの下台、箱状の部材がいっぱいです。

その箱を並べて、組合せ、、天板を取付していくのですね~。。。

いつも思うのですが、キッチンの施工で大変なのは、これらの部材達を搬入すること。

それを運送屋さんと数量確認して漏れがないか、、ということ。 

これが、もっとも重要で大変なような気がします。
キッチン取付
だって、そう思いません??

梱包された材料をこれだけ現場に入れてしまえば、足の踏み場もないくらい、いっぱい。。

これらを、梱包バラシながら組立てていくなんて、、ダンボ-ルの山になりそうです。。


それでも、どんな現場もキッチンの取付作業の順番は、どこも一緒でして

壁のキッチンパネル貼りからのスタ-トになります。

そうなんですね~、、壁のパネルを貼って、キッチン本体や換気扇を取付。

ある業者さんでは、キッチン本体の設置前、前日にキッチンパネルだけ施工する会社さんもいるのです。。


夕方には、キッチン取付も無事に完了~。。

そのリビングには、TVS(テレビステ-ション)の下地施工が進んでいます。


吹抜け
吹抜けの壁、ふかし壁柱型ができています。。

ここに、石風のタイルを貼るので、すっごいTVSになりそうですね~。。。

いやぁ~、、仕上げ工事が楽しみですし、ワクワク・ドキドキですね。

高耐力ホ-ルダウン金物

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、先週上棟した現場、駿河区馬渕の現場で、金物取付状況など確認しました。

ここの現場は、木造3階建て。。。

そうすると、構造計算が必要であったり、特殊金物が必要であったり、、、

その金物の紹介です。
木造3階建て

毎日、梅雨空なので、全面をブル-シ-トで囲った状況。

このブル-シ-トで囲まれた中で、大工作業は進んでいます。

そして

いつもの木造2階建てでは、見られない金物。。

特殊なホ-ルダウン金物。
高耐力ホ-ルダウン

高耐力ホ-ルダウン

高耐力ホ-ルダウン

ここの角の柱に、高耐力ホ-ルダウンの金物取付です

金物の形状もちょっと違いますし、、長さも違います。。

当然、柱に打ち付けるビスの数もすごく多いですね。 ナットの下にあるワッシャも違います。

なるほど~、、、見る限り、高耐力って感じです。
高耐力ホ-ルダウン
窓下地

その他内部工事では、窓の下地が終わり、、ここに窓サッシがはまる、、のが分かりますね。

それにしても、ブル-シ-トで全面囲まれた現場のなかは、真っ青・・・

数分居た私でさえ目がおかしくなりました。こんな中で作業している大工さん、ありがとうございます!!


う~ん、、、今週もずっと天気が悪いですね。

はやく梅雨明け、お願いします~。

梁から松やに

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

新築現場の梁(2階腰)からヤニが出ているのを発見。

丸太からこうやって加工してある材木から時々ヤニが出ているのを見かけます。

この梁は、米松です。まさに松ヤニですね。

漢字で書くと【松脂】(まつやに)です。 そう、木材からでる油分、樹液なんですね~
松やに
松やに
節ではない、こんな切れ目みたいな部分から、ヤニがいっぱい出ています。

この樹液を触ったことありますか??

そうなんです。知ってる通り松ヤニですから、超ベトベト、滑り止めです。

野球のバットを握る時に滑り止めとして使う松ヤニと一緒ですね。

木材は生きているのです。。


さらに、、この梁材だけではありません、

よ~く見てみると、
松やに
間柱材にヤニツボを発見。ヤニだまりですね、

まだ直接ヤニが出てくる状況ではないですが、節ではなくこんな感じに

木材に切れ目というか茶色くなっている部分が、ヤニの出てくる場所になるのですね~


またひとつ勉強になりました~!!

壁のRコ-ナ-材

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、当社自慢の造りの一つでもある、壁コ-ナ-材の紹介です。

マルモホ-ムでは、壁の角部分、出隅部分にプラスチックのコ-ナ-材を入れて、

他の工務店にはない特徴を出しています。

このコ-ナ-材、、いろんなお客様に凄く評判が良く、

壁が尖っていないのでやさしく見えたり、角がプラスタ-ボ-ドでないので、

ちょっとぶつけても凹むことを防いでいるのです・・・


壁コ-ナ-材

壁コ-ナ-材

壁コ-ナ-材
作業手順は、プラスタ-ボ-ドを貼る前に、柱や間柱に

このコ-ナ-材をタッカ-(建築用のホッチキスみたいな道具)で取付。。。

そして、ボ-ドを貼れば、OKです。

もう、これを採用して、約15年ぐらいは経つでしょうか、、

どのお客様に聞いても、このちょっとした工夫に共感してくれますし、感動してくれてます・・・


このコ-ナ-材は、【フクビ】というメ-カ-さんの材料です。

もし、フクビさんがコ-ナ-材を作らなくなったら、ピンチですね。

自社開発しなければならないかも(笑)。

クロスを貼って、壁の角がア-ル、曲線になった時、、是非、見学会で感じて欲しいです。

通風勝手口ドアの風通し

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市清水区三光町の現場で、外壁サイディング状況と内部大工工事の状況確認しました。

私が現場に到着し、大工さんに『ご苦労様~』って声をかけると。。

『さっきまでお客様がきてたよ』って、、、いやぁ~、ひとあし遅かったぁ!!。。

お客様と約束していたわけではありませんが、ひとめ会いたかったのとご挨拶したかったですね~

現場状況も報告できたでしょうし・・残念~。


キッチン横に勝手口引戸があり、その窓の開け方の紹介です。
通風勝手口

通風勝手口

勝手口のドアや引戸は、大きく分けて2つあります。

単純に【勝手口ドア】というタイプ。。。

それに【通風】って加えると、そこのドアのガラスは開くようになり、風が通るようになります。。

ここの現場のように、1階の勝手口引戸で通風タイプですと、必ず、外側に格子が必要でしょう。

格子が無ければ、不用心ですもんね。。  ヨコ格子が取付く予定です。

さらに、外側に付く格子には網戸をつくので、虫など心配なしに、換気できますね。。

開け方は、ロックを解除したら、上下に動くタイプの窓になります。

いいですね~! 快適なキッチンになりそうですね。。


いっぽう、、キッチンの天井下地を見てみると、
キッチン下がり天井
下がり天井の中央部分にくぼみがあり、これは・・・???

ここにダウンライトや配線ダクトが取付される予定。

ん~なるほど、天井に凹凸を作ることで、照明器具も気にならないですし、

クロスの色具合を変えることで、良い雰囲気なキッチンになること間違いないでしょう!!


窓サッシなどのキズや凹み補修

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

先日、引渡しして1年経過するお宅へ、定期点検で訪問。。

そこで、屋上の塔屋にある窓、屋上庭園側の窓サッシに凹みとキズがある・・と指摘。

どうも、引渡し完成時には、私もお客様も気が付かず、最近になって気が付いたようでした。

今日は、そのサッシの補修報告です。
サッシ補修

サッシ障子枠に凹みキズ、、枠にすり傷も、、、

これをキレイに補修です。復元します。。。
サッシ補修

廻りを養生したら、

凹んだ部分に専用の樹脂系パテを充填。。

これはすぐにカチンカチンに硬化するパテ材。
サッシ補修

パテが硬化したら、ペ-パ-掛け。。

耐水ペ-パ-で丁寧に平にしていきます。。
サッシ補修
サッシ補修

サッシの色に合わせて塗装です。

メ-カ-さんによって色の違いがありますが、

ブラウンやステンカラー、ブラック、ホワイト、、、などなど用意。。

この塗料メ-カ-さんが、サッシメ-カ-の色に合わせて造ってくれているみたい。

今回は、LIXILさんのシャイングレ-なので、このステンカラ-をチョイス。
サッシ補修
下塗りのスプレ-をして、仕上げ塗装・・

少し遠めから均等に吹付けします。。外だと風の向きも考慮しながら・・・

そうすると、、、
サッシ補修
サッシ補修
キレイに補修完了!!

見事ですね!! 

作業時間は、約30分くらい・・・良かったです。これだけキレイになれば安心~。

この技術とこの道具と材料、、いやぁ~習得したいですね!。私でもできるかなぁ~。

木造3階建ての構造

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区馬渕の現場で、建て方・上棟をむかえました。。。

前日に、1Fの柱や2F腰など材料を搬入し、先行足場。

建物周囲に足場架けを約10mぐらいまで立上げ、、そして、今日の上棟をむかえました。
木造3階建て

足場が高いですね~。 

そうなんです!! ここの現場、木造3階建てなんです!!

木造3階建てというと、必然的に構造材は4寸が基本です。120mmです。

一般的な2階建ては、3.5寸、105mm。 15mmも違うんですね~

たった15mmと思う人多いかも知れませんが、この15mmで全然材料のボリュ-ムが違います、

やはり、柱も120mm角なので太く見えますし、梁の巾の120mm、重たいですね~
木造3階建て

木造3階建て
さらに、荷重が結構かかる1階部分では、

柱がWで設置されたり、その上の梁では、2本合わせるように配置されたり、、、

3階建ての構造計算をすると、これだけのWサイズにする壁が必要ですし、

梁も頑固にしなければならないってことなんですね~

見るからにすごい分厚い頑固な壁になりそうです・・・

木造3階建ては、一般的な2階建てに比べ、かなりの構造強度増になりますね。


さて、建て方状況ですが、、、
木造3階建て
木造3階建て

木材が4寸というこで、多少、てこずりもありましたが、、

作業はほんと順調に進み、、夕方には3階の屋根部分まで出来上がりました。

ブル-シ-トで囲みながら作業をし、屋根にもすぐにブル-シ-トで養生してしまったので

せっかくの木造軸組み本来の骨組みがあっという間に見えなくなってしまい、残念・・・


夕方に降りそうな雨、天気予報との戦いしながらの作業でしたが、

無事に誰もケガ無く安全に終わったので良かったです。大工さん達、ご苦労様でした!!!!

クロ-ゼット扉の開き方

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、藤枝市岡部町の現場で、完了検査を受けました。

外部はもちろん完成! 内部はほぼ器具付けなどが終わり、クリ-ニング前の状況です。

完了検査
完了検査

完了検査
1階のリビングの他に、2階にもサブリビング的な空間があり

TV台や背面壁にエコカラットを貼っています。

シンプルに2段のカウンタ-がいいですね・・


一方、、完了検査は無事に合格!

間取りの変更がないかチェックされたり、24時間換気、けむり感知器、浄化槽などなどチェックされてました
クロ-ゼット
クロ-ゼット扉、、4枚折れ戸タイプです。

2枚ずつ、折れるタイプ。。その扉は、それぞれ自由に動かすことができます。

両方に開けたり、、、右に全部寄せたり、、もちろん左に全部寄せることも可能。

物の出し入れの際、使い方によって、どちらに寄せるのもいいでしょう!!
クロ-ゼット
クロ-ゼット
当社で採用している標準の建具は、神谷コ-ポレ-ションというメ-カ-です。

クロ-ゼット扉は、フリ-タイプになりますので、上の写真のようになるのです。。

便利に使えるでしょう!!

scroll-to-top
  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから