建築部ブログ

今日は、藤枝市大手で建方・上棟

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、藤枝市大手で建方・上棟でした。。

今日も朝から高温多湿、、作業開始の8時前から大工さん達は、汗をかいていました。
建方・上棟

建方・上棟

レッカ-も到着して、木材を吊り込み、、作業は順調にすすみました。。

レッカ-が重い木材を吊り込んでくれるので、作業はらくになりますが、、

実は、この時期、思わぬ敵にもなったりするんです。。

それは、、、

レッカ-も熱くなるからなんです。。もちろん、重機なので、自分の熱もありますが、

鉄のかたまりでできているレッカ-、、触っただけで熱いですし、近くにいくと

その熱が肌を通して感じてきます。。
建方・上棟

あっという間に、2階の柱も建ち、小屋組みも完了。。

大工さん達は、この気象に負けず、、作業は順調に進みました。。


その間に、私は、他の現場も確認に行き・・・

まずは、明日、建方・上棟になる、駿河区用宗の現場へ、、
建方・上棟

1階の木材などの搬入が終わり、、周りに足場を架けました。。

この状態で、建て方準備が完了。。明日、無事に建て方が迎えられそうです!!
建方・上棟
そして、一方、、葵区古庄の現場にむかい、、

今日は、土台・大引の設置だったので、その確認をしました。。


どの現場も、ほんと関心するほど職人さん達は、真っ赤な顔して頑張っていました。

現場の進行状況も重要ですが、職人さん達の体調が一番、、

無理をせず、日陰で休養して、体調第一でよろしくお願いします。。と、それぞれの現場に声をかけてきました。

今日は町内奉仕作業で門屋川の草刈り

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今年もこの日がやってきました。。7月の第4日曜日。。

この日は、毎年、町内の奉仕作業の日なんです。

葵区門屋町内の世帯代表が、門屋公民館に朝8:00に集合。

事前に回覧で、自分がどこを掃除作業するのか知っているので、みなさんそれらしい格好で集合です。
町内奉仕作業

山の農道の清掃や、裏山の草刈り、、お宮さんの清掃・・

約70世帯の人がそれぞれ分担され、、、私の担当は、門屋川の草刈りです。

県道沿いのバス停から部落奥までの川を7名で草刈り、、
町内奉仕作業
今年は、特に暑いので、熱中症対策を万全に、、

長袖を着て、頭にタオルを巻き、腰にはペットボトルをぶる下げ、、

足元は長靴をはき、右手にはカマを持って、、

川に入ると、例年とは少し違った景色に驚きました。

例年より草が少ないのと、草の背丈も低いではありませんか!!

草刈りがらくかも!! 超ラッキ-!! って思ったのは最初だけで、、

やはり作業開始すると、暑い!! すぐにシャツは汗でびしょびしょ。。
町内奉仕作業

町内奉仕作業

街中とは違うこのような川での清掃草刈りなので、一応、涼しげ。。ですね。

川には、サワガニが今年もいましたし、ハヤという川魚も泳いでいましたし、、

大変な作業でしたけど、なんだか気持ちよかったです。。


作業は8:00~10:30ごろに終了。

みなさんお疲れさまでした。。と声をかけ、町内みなさんと、こういう交流をえていれば

災害にあったときも、みんなで協力しあえるかな、、と思いました。

こうやってご近所と顔をあわす一緒に作業する・・って大事ですよね。




静岡市清水区追分の現場で建方・上棟です

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市清水区追分の現場で建方・上棟をむかえました。

今日も晴天で最高の上棟日和・・・では、ありませんでした。。。

雨の心配がなくて、現場的には最高!!と言いたいのですが、

暑くて暑くて、、、熱中症にならないよう、休憩をとりながら、水分補給したり

大切なのは塩分も補給したり、、、気温との戦いになりました。
建方・上棟

建方・上棟

建方・上棟
建方・上棟
建方・上棟
建方・上棟
建方・上棟
建方・上棟
写真では、みな涼しげに作業していますが、、

もう汗を凄くかくので、その分の水分補給が大変、、

今日は、大工さん7名で作業をしましたが、、みなさん、ほんと頑張ってくれました。。

感謝です。夕方には、もうみな顔が真っ赤!! 体が熱くなっているのがわかりました。。。。


作業が順調にすすんだのは、もちろんうれしいですが、

大工さん達が、誰も暑さに負けず倒れることなく作業が進んだのが幸いでした・・


我々は、このような作業を普段しているので、暑さには強いと思いますが、

ニュ-スでも報道されているように、この暑さの中での、運動や作業は、

みなさん、ひかえることが一番かもしれませんね。

暑さになれないと、大変です!!


今日の建て方作業、、無事に完了しました。。大工さん、レッカ-屋さん、、ありがとうございました!!!

明日から見学会です。見どころは?

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市葵区与一の現場で、見学会準備、、

TV台を設置したり、お客様の方でエアコン取付したり、、

電気引込されて、電気が通電されたり、、、いよいよ明日から、ここの現場で完成見学会です。。

楽しみですね~


そこで、現場監督目線から見る、現場見学会の見どころです。。
見学会

見学会

見学会

玄関ドアを開けると、そこは『和』の空間です。

玄関ホ-ルの床も天井も白木で統一、、、トイレの入口には、こだわった『和』がふんだんに、、

桧の格子もいいですが、棚板も桧板を使い、、ちょっとした高級旅館の入口風になりました。。。

リビングには吹抜けがあり、、やはり開放感があります、、、

リビング横に設けた、一段上がった、ここも『和』の空間。。

上がることはできませんが、ほんとは、ここの畳の上に座ってみると

和を楽しむことができ、違う景色が見えるハズです。。畳がいいですね!!
固定棚

固定棚

そして、見どころのもうひとつ、、、

上の写真のように、固定棚。。
可動棚

可動棚

これは、可動棚。。。


固定棚と可動棚の違いが、わかるでしょうか?

固定棚は、壁に埋め込んでしまうので、文字通り、棚板自体を動かすことはできません、、

棚板に何を飾るのか、何をのせるのか、予め決めて棚板を取付しなければなりません、、

可動棚は、文字通り棚板を自由に動かすことができるので、実用的ですね。。

棚板に置く物の高さに応じて、動かせるので便利です。


①固定棚の美しさ、、

②可動棚の実用性、、

この棚の違いが、見学会で実感できるので、是非、見比べてください。。。

リビングや和室など、空間演出を重視する部分は固定棚

実用性を有する、WICやパントリ-は可動棚  

このような使い方をここの見学会では採用しているので、、見てくださ~い。



建方・上棟の準備は着々と

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、駿河区用宗の現場と藤枝市大手の現場と駿河区東新田の現場を確認しました。

この3つの現場は、来週、建方・上棟をむかえます。

その準備段階として、大工さんが土台を設置し、その上に床ベニヤ貼り、、

上棟前には、そこまでの作業は完了しておきたいとこです。。
上棟準備
駿河区用宗
上棟準備
藤枝市大手
上棟準備
駿河区東新田
上の写真のように、、3現場とも、全ての現場が同じ状況でした・・・

床ベニヤを敷いて、そのベニヤの上には、養生のビニ-ルを貼ってありました。。

雨の心配は必要なさそうですが、念には念を・・ということで、床ベニヤが濡れないように、

ビニ-ルで養生です。。ここまでしておけば、安心ですね。。


基礎が完成し、その上に土台を設置。。ここが、ひとつの工事の分岐点だと私は思っています。

基礎は、基礎屋さんが工事をして完成させ、、

その後に大工さんが土台を設置、、、工事の進捗が、基礎屋さん⇒大工さん にバトンタッチしたのです。

このバトンタッチがうまくいったのか、問題ないか、、ここがタ-ニングポイントですね!

どの現場も、間違いなくスム-ズに土台が設置されたので、このバトンタッチはうまくいきました。。。

基礎屋さんに感謝ですね。。。


次のバトンタッチは、上棟してサッシを取付して外壁屋さんがサイディングを貼る時でしょうか・・

ここでも、スム-ズなリレ-ができれば、うれしいですね! 

いや!必ず、うまくバトンリレ-できるでしょう!!

静岡市駿河区南下川原で基礎配筋

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

昨日、、静岡市駿河区南下川原の現場で基礎配筋の検査をし、状況確認しました。

ここの現場は少し特殊で、一階に車庫があります。

更に、奥の土地が上がっているので、手前の道路からでは高基礎になります、、特殊基礎なんです。

そうすると、配筋もこのような特殊な形になるのです。。
高基礎

高基礎

高基礎
高基礎

高基礎
高基礎

駐車場部分のベ-スと住宅部分のベ-スの高低差があるので、

ベ-スコンクリ-トは2回にわけて打設になります。

普段の住宅では、ベースコンと立上りコンでポンプ車は2回・・

でも、今回はベ-スで2回、立上りで1回なので計3回、ポンプ車が現場に登場することになるでしょう。

このように、高基礎では、鉄筋も型枠もコンクリ-ト打設も増すので、

お客様の負担増になります。。土地を購入する際、段差がある土地では、

基礎にプラス費用がかかると計画しとかなければなりませんね。。

外構(庭)などの計画も大切ですね・・・


暑い中、、基礎屋さん、作業がんばってよろしくお願いします!!

暑いのは普段慣れているといっても、熱中症には注意です!!ね。

ウレタン吹付断熱が完了

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区国吉田の現場では、

外廻りの断熱工事が完了しました。

当社では、外壁廻りの断熱を、アクアフォームといって、水で発砲するウレタンを標準にしています。

発泡ウレタンの吹付けです。

更に今回の現場は、オプションでマッハシステムという全館空調を採用しているので

屋根断熱もこのウレタン吹付けになります。

その施工完了を現場チェックです。
ウレタン吹付け断熱

ウレタン吹付け断熱

ウレタン吹付け断熱
屋根(天井裏)部分には、160mmの厚さになるようウレタンを吹いてあります。

壁には、75mmの厚さになるようにウレタンを吹いてあります。

このような発砲する断熱材で家全体が囲まれるわけですから、隙間なく

断熱材が入り込み、断熱性能が生きているような気がします。。

今のこの暑い時期ですと、なんだか室内が蒸し暑そう・・って

この写真を見て思うかもしれません。。。

そうなんです!! 何もしなければ、気密もいいですし断熱もいいですし、室内は暑いです!!

でも、室内で冷やした空気、、、環境が外の熱に影響されないよう、、、このような断熱材であったり

サッシのガラスがLow-eであったりするので、室内は快適空間が維持されるわけなんですね~

工事中もそうですよ!! もし、断熱工事が終わって、室内をエアコン管理できれば、

職人さん達は、快適に室内作業できるでしょう・・・

でも、そんな都合がいい環境にはならず、、扇風機をガンガン廻して頑張っています(笑)


材料搬入
今日は、内部の壁に貼るプラスタ-ボ-ド、、という材料を

建材屋さんが、一生懸命に運搬搬入していました。リビングの大きな開口サッシを利用してそこから、、

涼しい顔をして運んでいますが、実際は、Tシャツは色が変わるほど、汗で濡れ、、

ほんと大変そうでした、、、

このような、実際に作業するわけではなく、材料を運搬し運び入れる人、、、、そんな人がいて

現場で出来上がるのですね、、感謝、感謝です。


それにしても、、この蒸し暑さ、何とかならないかなぁ・・

みなさんも、室内にいても、熱中症には気をつけましょう!!

こまめな水分補給が重要ですよ、、お茶でなくスポ-ツドリンクが有効です!!

静岡市駿河区登呂で引渡し

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区登呂の現場で完成引渡しになりました。

午前中の引渡しだったのですが、、もう暑い!! そんな言葉しか出ない、今日の天候でしたね。。。

しかし、室内は快適!!  すでにエアコンの取付が終わっていたので、

室内は超気持ちいい!! 涼しかったです。
引渡し
玄関外で、鍵の贈呈とテ-プカット。。

ご家族みなそろって記念撮影です。。この引渡しの時のみなさんの笑顔。

私にとって暑さも吹っ飛ぶ一番の薬ですね。

何ともいえない、素敵な笑顔です!! 疲れも暑さも忘れますね。
吹抜け
吹抜け
ここのお宅の見どころは、やはり吹抜けでしょうか・・・

リビングの一部が少しでも、このように吹抜けていると、リビングに開放感を生みますね

リビングが広く感じます。。

さらに2階のホ-ルは、南海プライウッドのルミストを採用。。。

アクリル板の腰壁なので、2階のホ-ルも広く感じますね。

ん~、、吹抜け、私でも憧れます。。

もうちょっとしたら、我家の娘たちも、家を出てしまうので、

そしたら2階の床をくり抜いて、吹抜け作っちゃおうかなぁ~(笑)
吹抜け

ご夫妻が、一生懸命、エコキュ-トの取扱説明を受けているなか、、、

子供達は、リビングでゴロンとしてゆったり気分、、、

こうやって、なごめる空間づくりを目指していたので、この光景を見た時

凄くうれしく思いました。。


子供達が、学校から帰ってきて、元気よく『ただいま~!』って、、そんな光景が目に浮かびますね。

私たちも、お客様も、みな笑顔で素敵な引渡しになりました。。。ありがとうございました!!

足場がなくなって外廻りがスッキリ

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

昨日は、静岡市葵区安倍口新田の現場で、いよいよ足場撤去になりました。

前々回のこのブログでもお話したように、外回りの取付備品や仕上り状況をチェックした後

昨日の足場撤去することができたのです。。

足場がなくなると、完成までラストスパ-トって感じです。

内部も大工さんの作業も、終了に近づき、、内装工事にバトンタッチの状況に。。。
足場撤去
足場撤去
足場撤去前は、街道からも、グレ-のネットや当社の看板しか見えないので

どんな形のどんな大きさ、家が見えませんでしたが、、

足場がなくなると、この通りです!!

おそらく、この街道を毎日通る人は、『おっ!!』って思ったでしょう。

足場を架けたのは、5/中頃、、そして、昨日は7/14.。。

それぞれの写真で、空を見ると、、梅雨空・夏空、、違いがハッキリとわかりました。
足場撤去
5/中に建方・上棟をして、約2ヵ月で外回りが完成、足場撤去できました。

梅雨の天気にもあまり影響されず、工事は順調に進んだと思います。

さぁ! 次は内部の完成が楽しみです!

マルモホ-ムの基礎配筋

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区高松の現場では、基礎工事中。。。

基礎の中でも、すごく重要工程に鉄筋工事です。

基礎の強さに直接関係ある工程とも言えるでしょう!!

その鉄筋作業、、他社の住宅と比較してみましょう
鉄筋工事
マルモホ-ムの現場

鉄筋工事
〇〇年住宅の現場
左の写真は、駿河区高松の現場です。

ベタ基礎配筋、、見た目的にも鉄筋がいっぱい入っていますよね。。

右の写真は、葵区与一の現場で、お隣さんが〇〇年住宅で基礎を始めたので写真を撮りました


当社とは、工法が違うので何とも言えませんが、コンクリ-ト住宅でも、

このぐらいの鉄筋の量で施工しているんだな、、と実感。

ん~、、どう比較しても、当社の基礎の方が頑固に見えますね。。


鉄筋工事
鉄筋工事
立上りの鉄筋も、スパンが広いと補強筋が入ります。

人通口と言って、基礎立上りが無い部分、、人が潜って通れる部分にも

鉄筋を補強して、強度がとれるようにしています
鉄筋工事
鉄筋工事
左の写真は、、高基礎部分の写真です。

い~っぱい鉄筋が組んであります。。当社では、耐震等級3が取得できるように

基礎構造計算をしています。。ちょっとやり過ぎじゃない? 住宅でこんな太い鉄筋いれるの??

なんて思う事ありますが、、鉄筋にしてもコンクリ-ト強度にしても、

他の工務店やハウスメ-カ-と比較しても、自信ある基礎になっていますね。。


出来上がってしあがった住宅を見るのもいいですが、このような基礎の鉄筋の状態をみて、

当社の良さをわかってもらえるとうれしいですね。。。

マルモへのお問い合わせ・資料請求・プレゼントのお申し込みはこちら


scroll-to-top
  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから