建築部ブログ

基礎断熱と簡単に配管の取替えができるように・・・

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

基礎断熱と床下配管について紹介です。

この写真は、基礎断熱工法になります。床下にもマッハ配管をして空調管理をします。

基礎に断熱材を貼り、外部からの熱が床下にうつらないようにしているのですね。。

ちなみに普段は、ここの床下は、外気が入り込み、換気される部分。断熱はフロ-リングのすぐ裏側に敷き込み

床下断熱になるのです。その場合、グラスウ-ルボ-ド80mm厚を敷き込んでいます。。
基礎断熱
現場監督としての管理ポイントは、、

図面通りに施工されているか、断熱材が基礎に貼付てあるか、、、それはもちろんなんですが、

もっと重要なのは

・なぜ基礎断熱なのか?

・どこに断熱材を貼って断熱層をつくるのか

・どうやって外の空気をシャットアウトするのか、気密のつくり方、、

これらを理解して、管理・監督すること! これが大事なんです。。

理解しなきゃ、職人さんに指示もできないですからね。
配管状況
配管状況

そして、今回、床下の衛生配管の状況も確認できました。

ポイントは、、

将来、床下などの排水菅や給水菅が容易に交換できるようになっていること、、です。

長期優良住宅の必要項目ですね。。

排水菅は、写真のように、基礎ベ-スコンクリ-トに埋めず、

立ちがりに貫通スリ-ブを入れて、このように配管。 そうすれば、将来、配管がダメになった時

躯体、構造体をいためることがなく、配管の交換ができますよね。

もちろん給水菅や給湯菅もそうです。。スリ-ブ菅を土間上から外の土レベルまで入れておいて

その中を青い給水菅を通しています。そうすれば、この給水菅も将来、簡単に交換できますよね。


なぜ?そうなんだろう?

なぜ?このような配管にするんだろう?? 

理解して考えること調べることが、一流の現場監督になる第一歩なんですね~

新たなモデルハウス

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区下川原で、新たなモデルハウスが、もう間もなく、完成します。

今は、外構工事中・・・と内部の備品取付作業中・・・

ですが、階段やキッチン、そしてソファ-など設置された写真が撮れたので、紹介しますね。
Trip
Trip
このモデルの特徴としては、限られた坪数のなか、吹抜けやスリット階段、オープンキッチン。

なんだか、ちょっとワクワクする創りになっています。

キッチンは、『グラフテクト・デュエ』。

流し台とコンロが対面に分かれています。。

吹抜けにこんなスリット階段、欲しいですね!!。 意外tと安価で施工できるかも・・ですよ。

リビングに取付された、連窓もいいですね!!。 1階の床から2階の天井まで、窓にすることで

リビングの広さも演出できています。

おっ! こんな家を見てみたいと思ったら、当社まで連絡くださ~い。


建具調整

間仕切戸
こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

10年ぐらい前に施工させてもらったお客様から連絡があり、

間仕切戸の下レ-ルのビスが抜けてドアが閉まりにくい。。。という連絡があったので

夕方に訪問しました。

この間仕切戸は、折戸のタイプでした。
ビスの緩み
原因は単純でした。

レ-ルの溝に取付されていたビスが

効かなくなっていました。おそらく取付されていた

下地の木が、腐食したり痩せたり割れたり。。。

で、ビスが効かなくなった。。。と推測され
ビス再取付
ビスの長さを変え、再取付です。

作業は10分くらいで完了しました。
ビスの長さ
右側が、取付されていたビス。

左側が再取付されたビス。

長さを変えることで、その下地にしっかりと

ビスがとどき、緩みなくレ-ルが取付されました。




10年近く、経ったお客様ですが、連絡いただき、お役に立てたので、良かったです。

また、玄関ホ-ルに鏡を取付したいので。。。と相談を受け、

鏡を購入したら、連絡しま~す。との事でした。


そう!!。何でも、私に言ってください。

建築のプロ、としてお答えしますから!!!!

道路を汚した場合、水をまいて清掃する

全面道路の清掃
こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、現場に対する心構えについて、、、紹介です。

以前、ある現場では、外構工事中・・でした。

その外構工事では、鋤土をして、駐車場土間にコンクリ-トの打設準備。

現場に行った時に見た光景が、この外構屋さんが、ホ-スで水をまき道路を清掃している姿でした。

当社では、現場の20ヶ条を各業者さん達に浸透するよう、いつも会議の中で唱和しています。

その中で

『道路を汚した場合、水をまいて清掃する』  という項目があります。

まさしく、その光景でした。。。私は、ほんと、うれしく思い、写真に撮ってしまいました。

その他には、こんな項目が、その20ヶ条にはあります。

『清掃は一日三回、午前10時、午後3時、作業終了時に清掃する』

『騒音やほこりなど出す場合、了解をもらい近隣に気を配る』  などなど、、、

全面道路の清掃
当社の、どの職人さん達は、ほんと素直でいい人達ばかりです。

外構屋さん土木屋さん、っていうと、がたいも大きくて怖い感じがするかも知れませんが、

こうやって、近隣に迷惑がかからないよう、やさしい心を持っているのです。

現場で見かけたら、是非、声を掛けてみてください。

恐そうな顔が、笑顔で答えてくれるはずです。  こんな職人さんに仕事をずっとお願いしたいですよね。


タイルは貼り方によってイメ-ジが変わります。

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、タイルの貼り方について紹介します。。

タイルの貼り方、、に、単純に2種類存在します。

目地をまっすぐ通す、いも目地(いもっぱり)、、と、

目地をりゃんこに、交互に貼る、うまめじ(馬っぱり)があるのです。
タイル貼り
玄関ホ-ルにタイル貼り

目地をタテヨコ通す貼り方を

【いもっ貼り】 と言います
タイル貼り
リビングのTV台背面にタイル貼り

タテ目地をずらして貼ることを

【馬っ貼り】 と言います
左側のいもっぱりでは、同じタイルでも、スッキリ見えますし

逆に、右側の馬っぱりでは、同じタイルでも、少し重量感あるというか、ごつく感じます

タイルを貼る空間のイメ-ジに合う貼り方をすると、空間演出が美しくみえますね!

あと、玄関ホ-ルの上からの光の演出

リビングの横からの光の演出。。。。

光源の当たり方によっても、タイルの雰囲気が変わりますね。


どちらが正解か??

それは、ありません。。。

それぞれの見た目の良さがあるので、各個人の感性で選んで良いと思います。

施工性で言うと、馬っぱりの方が、ちょっと大変なんです。


コ-ディネ-トの打合せのときに、『そこのタイルは、馬っぱりでお願いします』って言うと

ちょっと、つうですね!!(笑)


ガス給湯器の吹出し口に近隣対策を

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、ガス給湯器について、紹介です~

ガス給湯器
建物の北側に電気メ-タ-やガスメ-タ-

そして、ガス給湯器を取付
ガス給湯器
ガス給湯器の上部に、

何やらステンレスのカバ-らしきものが

ついています

境界~は、50cm以上離れており、北側隣地のお宅には、そこに窓がなく壁ではありますが、

ガス給湯器からでる温かい風が、隣の方に不快な思いをさせないよう、

当社では、ガス給湯器に吹き出し口カバ-を付け、ヨコ方向でなく上方向へ風がいくようにしています。


ガス給湯器
そして、このカバ-の取付は、オプションになるのですが、

当社からガス屋さんに指示しなくても、隣家に迷惑がかかりそうな場合、取付されています。

すごいですよね!!私が何も言わなくても、ガス屋さんからの配慮でそうなっている。。。

このような場合、必ずカバ-を取付してね、、という私からのお願いをずっと守っている。。。

そういう業者さんなら、安心してガス工事を任しておけますね。

仮筋・本筋

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区西脇の現場で、建て方・上棟をむかえました。

朝から柱を建て始め、夕方には屋根の下地まで完了。。いつものように、作業は順調に進みました。

ですが!・・

天気予報では、今日、雨が降るなんて言ってなかったのに、、、

今日の天気は『くもり』だったハズ! 全国的にも晴れマ-クが多いのに、

この静岡付近だけ、雨・・?? 結局、まる一日、パラパラ雨がふる日になってしまいました。

前向きに考えると、パラパラの雨で良かった!! 本降りの雨でなくて良かった!! ですね。
上棟
朝8:00 1階の柱を建て
上棟
9時ごろ 2階腰(梁)を組んできます
上棟
9:30ごろ もう2階の床組みが完了
上棟
10:30ごろ 2階の柱設置、小屋組み開始
上棟
16時ごろ、、屋根下地完了し、今日の作業も終了。

最後は、雨養生でブル-シ-トで囲まれました・・・
そんな中、、

1階の柱を建て、梁組みした時点で、大工さんは、『おき』をみました。

おき・・? おきって、柱が垂直に建っているか、、のことをいいます。

この作業を『おきをみる』って言います。
おきをみる
おきをみる
東西南北面、それぞれ、おきをみていきます。

柱に専用のさげふりをあてがい、、その柱が垂直なのか、確認しています。

これまた、専用の突っ張り棒がありまして、それをテンションかけて突っ張ったり、緩めたり、、

垂直になったことを確認できたら、そこに『仮筋』を取付するのですね~

これを、1階の柱、2階の柱、、しかも東西南北、それぞれおこなうのです。

建物が垂直に建っているのか、ねじれゆがみがないか、、それを矯正する大事な建て方時の作業なんですね~
おきをみる
そのおきをみたときに取付する斜めの木材を、『仮筋』(かりすじ)と言います。

現場内部に入ると、写真のように、仮筋でいっぱい。。。

でも、安心してください!! 柱と柱の間に入る、45mm×90mmの筋違いが設置されると

この仮筋は撤去されますので・・

この筋違いを『本筋』ほんすじと言います。

『仮筋』に『本筋』、、、いずれも、家創りにかかせない素材なんですね。

囲炉裏に自在鉤

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、『自在鉤』について紹介です。

この自在鉤、、なんて読むかわかりますか?? 『自在鉤(じざいかぎ)』と読みます。

その自在鉤は、どんな物なのか・・? 

それが、、、





囲炉裏
囲炉裏の上で、鍋とか鉄瓶を吊るす為の物、、これを、自在鉤って言うんですね~

横に突っ張っている棒を上げてあがると、芯棒の高さ調整ができるのです。。

この囲炉裏、、

実は、川口さん家のリビングの一画にある囲炉裏なんですね~。。

17年ぐらい前に、県の公共工事の仕事で、日本平山奥に、『里の家』という

施設を創りました。。。 そこには、平屋建ての純和風な40坪ぐらいの施設と

下水につなげないバイオトイレと、雨水を大きな地下に貯める手押し井戸、、などなど

私が現場監督したんです。その建物に囲炉裏があったので、

その囲炉裏の創り方を覚えておき、、我家にも、自作で創っちゃったんですね~

その施設は、静岡県が保有するもので、『遊木の森』。駿河区谷田を山奥入っていったところにあります。
遊木の森
囲炉裏
囲炉裏を囲うように薄い畳を敷き、、

天井から、自在鉤を取付。。で、この自在鉤も自作なんです~!!

私ではないですよ、、私の父親が、見よう見まねで製作した物。。

ま、うまくできているんじゃないですか?(笑)。
囲炉裏
ただ、もう17年ほど経っているので、囲炉裏の廻りの床も

畳もボロボロ・・・そろそろリフォ-ムですね。

ここの空間を、先日、完成見学会をおこなった清水区弥生町のお宅のように、

木の部分を焦げ茶に塗装して、ちょっと古民家風にしてみようかな、、、と思ってます。
古民家風
こんな感じの和室もいいですね!!

造作洗面の配管を隠すには

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

洗面化粧台、、、既製品の洗面化粧台(W750やW900)など鏡がついたメ-カ-さんの物があったり

特注のカウンタ-に好きなボウルや水栓を組みあわせて造る造作洗面台もあります。

最近では、オリジナルにこだわった造作洗面台をチョイスするお客様が増えてきました。
洗面化粧台
写真のような洗面化粧台

いかに格好よく美しくみせるか、、、

洗面と鏡の間にタイルを貼り、オリジナル感と重量感と清潔感が出て、大変良い洗面化粧台です。

しかし、その下の方では、排水管と給水・給湯管が見えてしまい、固いイメ-ジ機械的に見えます。。。

そこで
洗面化粧台
配管類を隠すように、

奥に壁を作ってもいいでしょう

ただし、その時はボウルからの排水管を

ボトルトラップに変えないといけないですが。。。

洗面化粧台
奥に壁を作ったら

そのスペ-スに棚を

設置してもいいでしょう



どうでしょうか?

配管を隠し、壁にしたり棚にしたり、、ますますオリジナル感がでて

良い洗面台に変化します。  こんな提案をみなさんに提供していきたいですね

既存のお宅の間仕切壁に室内窓を取付ました

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

既存のお宅の2Fリビングと寝室の間の壁に室内窓の取付を行いました。


室内窓
BEFORE
室内窓
AFTER
むかって左側の壁は、耐力壁で筋違いがある為、開口するのは不可。

当社にその資料が残っていたので、そんなアドバイスも簡単にできました。

両引き分けのガラス戸を取付し、

壁をいじるので、その面のクロスの張替もしました。

クロスを少しアクセントカラ-にし、更に上部はエコカラットを貼り

凹凸があるボリュ-ムある壁になりました。

どのような貼分けでどんなエコカラットが良さそうか、アドバイスさせてもらったり、

大きな見本帳などの用意をして、何度か打合せを繰り返し、リビング側の壁は完成しました。


当初の目的は、リビングが暗いので明りをとる、、のが一つ。

そして、風通しを良くする、、のが二つめの理由でした、、、が

その両方の目的も果たし、更にデザイン性も良くなり、オシャレなリビングになりました。。。
マルモへのお問い合わせ・資料請求・プレゼントのお申し込みはこちら


scroll-to-top
  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから