建築部ブログ

静岡市清水区御門台の現場で完成引渡し

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、夕方~清水区御門台の現場で引渡しになりました。

振り返ると、、8/中頃に地鎮祭をおこない、、11/初に建方・上棟、、そして今日、完成引渡し。。

長いようでしたが、あっという間の期間でした。。。


外は暗くなってしまったので、玄関ホ-ルにて記念撮影。。

ご家族揃って、、パシャ!! 
引渡し

約半年前におこなった地鎮祭の時、、お子さんは、もっと小さかったような気がします。

家が完成する間に、目鼻立ちがくっきりしてきて、、、あれ? いつの間に、男らしくなったような気がしました。

こんな完成引渡し式、、やったことおぼえててね~
引渡し

引渡し

やはりキッチンの取扱説明には、みなさん、真剣です。

IHや食洗機、、使うのが初めてというお客さんが多いですね。

食洗機やIHのチャイルドロック機能や、食洗機から温風が出るとこの注意など

特に小さいお子さんがいる家族は、気をつけたいポイントです。

さらに、ユニットバスのカギの架け方とか、、

浴槽にお湯が溜まり、、いつのまにか知らないうちに、お子さんが浴室に入り

浴槽で溺れてしまうかも知れない、、それを防止するために、

実はユニットバスの入口って、外側から高い位置で施錠ができるようになっているのです。。
ニッチ



ここの現場、キッチン対面側にニッチがあります。。

上の写真だと、なぜ?ここにニッチ? って思う人も多いかも知れませんね、

何もない状態だと、この状況写真、ちょっと不思議ですね。。。

ところが!

ここにダイニングテ-ブルを置くと、、、
ニッチ
こうなります!

これで、あのニッチの役目がわかったと思います。

ニッチの大きさと高さ、、バッチリですよね。。お客様とこの辺は、よ~く現場で打合せをしました。

さらに!!!
ニッチ
そのニッチ内側には、コンセントが!!

うん便利ですね!  ダイニングテ-ブルの上で、ホットプレ-ト・ケトル・etc 使えたり。

実は、我家もダイニングテ-ブルの上に電源が欲しいので、延長コ-ドで引張ってコンセントタップを

テ-ブルに両面テ-プで貼り付けています。(デザイン性が悪いので写真は無しで(笑))


このニッチ、使いやすくお勧めですね。。。

私の感覚では、3件に1件は設置しているような気がします。。。



今日の引渡しも、感動しました!! 

こんな家づくりをお子さんが大人になっても覚えていてくれたら、最高です!!


外壁の貼り分け

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、外壁サイディングの貼り分け方について紹介です。

外壁を一色で仕上げるお客様もいますが、二色、三色とサイディングを貼り分けるお客様もいらっしゃいます。

よく、ヨコ方向で貼り分ける方は、1階と2階部分で貼り分けする。。。

しかし、タテ方向で貼り分けしたい場合、、どこでその色を変えるのか、悩むとことです。。


外壁の貼り分け

当社でお勧めしているのが、上の写真のように、

入隅部分で貼り分ける方法です、、、そうすると、サイディングを貼り分けすることで

立体感が増すように見えます。。


さらに出隅部分で貼り分けする場合、、
外壁の貼り分け
上の写真のような貼り分けになりますが、、

タテ樋がかかっているので、サイディング自体の貼り分け位置が見えづらく、

自然に色が変わっていますね。。。こんな樋の位置、配慮も実は考えているのです!!
外壁の貼り分け
外壁の貼り分け方、、

樋の位置や大きさ、、

換気扇などのフ-ドの形、、

外部機器の色、、

いろいろと細かくデザイン性を突き詰めていますので、パッと見て外観は、

他社とは違う、高級感というかこだわりがあるので、一味違うと思います。。。

その辺も、週末の見学会で、体感してみてください!!

洗濯の給水口にお湯も

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

洗濯機用の蛇口に、お湯も出るようにしました。。

そこは、今週末に見学会が開催される静岡市葵区上土の現場です。

お客様の要望により、洗濯蛇口を、水・お湯の混合水栓にしました。
洗濯機用の混合水栓
洗濯機用の混合水栓
お風呂の蛇口のように、サ-モスタッドでダイヤルで温度調整ができます。

さらに、この混合栓の先は、ストッパ-が付いているので、

万が一、留守中に洗濯機につながるホ-スが外れても、水が吹き出ることがないようになっています。


ん??  洗濯機にお湯を使うメリットは??

私も思いました。。

お湯を使うと、洗剤の効果が上がるようです。。さらに汚れが落ちやすい。。

そうですよね! 考えてみれば、食器とか洗うに洗剤をかけてお湯で洗いますもんね

油脂は水よりもお湯の方が汚れが落ちますもんね。。。漂白剤とかも、お湯の方が効果があるようです!


見学会の時に、どんな蛇口が付いているのか見てくださいね・・・


フリ-スペ-ス
フリ-スペ-ス
そして、今回のフリ-スペ-スは、

床に座るのでなく、掘りごたつのように足を入れるのでもなく、

椅子に座ってつかうバ-ジョンです。 その高さに設定してカウンタ-を取付してあります。

その分、全体的に壁が高くなるので、フリ-スペ-スからリビングを見た時にの圧迫感がどうか、、

と気にされてましたが、案外そんなこともなく、目線もきになりませんでした。。

ここも、見どころの一つになっています。。


是非! 今週末の見学にご来場ください。 そして体感してみてください!!

静岡市駿河区国吉田の現場で上棟祭

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

昨日、夕方から静岡市駿河区国吉田の現場で上棟祭をおこないました。

祭壇を設け、上棟飾りを祀り、みんなで『ニ礼・二拍手・一礼』


上棟祭
上棟祭
上棟飾りは、いったん2階の柱に取付し、、工事中、屋根裏ができあがると

そこへ納めるようにします。。将来、その小屋裏を覗いた時やリフォ-ムした時に、

小屋裏から、この上棟飾りが出てきて、この時にみんなで上棟したな、、と想い出が残る品でもあります。

上棟飾りには、お施主様名と平成31年2月 と書いてもらいました。。

何十年後、『おっ~平成なんだぁ!!』ってこれをみてそう思うでしょう。。。
上棟祭
さらに柱にも、想い出がのこるように、筆入れもしてもらい。。。
上棟祭
基礎屋さんから水道屋さんまで、みんな笑顔で記念撮影!!

これもいい思い出として残ってもらえるとうれしいですね。。


写真でもわかるように、マスクをしている人が多くなり、、

ちょっと前は、インフルエンザ対策でしたが、昨日は花粉症対策・・でした。

職人さん達も、大変な時期になってきましたね、、まさか、新築住宅の床の上に

鼻水を垂らすわけにはいかないですもんね(笑)。。私は、花粉症とは縁遠く・・・

地鎮祭の砂山、着工式

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市清水区三光町で地鎮祭を行いました。。。

神主さんは、、

いつもお願いしている、『宝円山』。。。マルモ社員で、初詣に行った、久能の麓にある、不動尊です。

歴史は古く、、久能山東照宮を家康が建った時に、魔除けとしてその麓に築造されたのが、この宝円山、、らしいです。


地鎮祭

地鎮祭の準備、、祭壇を設け、、四方を竹で囲い、、、準備万端。

そして、地鎮祭にはかかせないもう一つの準備、それが、

【砂山】です。

砂山を設置して、お施主様が、この砂山に鍬入れするのが、着工の儀になるわけなんです。
地鎮祭
その砂山、、砂を袋から出し、、このキレイな山にする形成するのは意外と

テクニックが必要です、。。 どうやって、つくるのか。。それは、企業秘密・・ということで(笑)

どうです?? キレイな三角すいの形になってませんか?? 

私が、この形に均しました、、自分でも、うん!キレイな形!! ってうなずきました!
地鎮祭
地鎮祭のなかで、この砂山に鍬入れ、、、

えい! えい! えい! って崩しました。。

地鎮祭
地鎮祭が終わると、あのキレイな砂山は、、

こんな状態に。。。 

ご家族みなさんで鍬入れしたので、、、いいですね! 感動の証です!

地鎮祭
今日の地鎮祭も、神主さんの一生懸命にご祈祷する姿が、想い出に残り、

感動する地鎮祭になりました。。。

さぁ、いよいよ、基礎着工です!! 

いつもそうですが、地鎮祭をすることで、監督としてスタ-ト地点に立ち、

身が引き締まる思いでいっぱいになりました!


基礎配筋の補強筋定着長さ

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区大谷の現場では、基礎配筋作業が終わり、、

その鉄筋工事の検査をしました。。

鉄筋を写真のように組み立てることを、配筋(はいきん)といいます。。

なので、一般的にこの検査を、建築業界では、【配筋検査】はいきんけんさ と言うのです。
配筋検査
配筋検査で気を付けるポイントは、やはり、強度不足にならないよう

申請図面通りに鉄筋が組まれているか、、下の写真のように、補強筋も場所によっては必要ですし

さらに、その鉄筋は、定着長さといって、図面でいう補強筋が必要な範囲よりも少し長めに

入れなければならないのです。。その余分に入れる長さにも、規定があって

鉄筋の太さ×40 必要です。。

例えば、D19という19mmの太さの鉄筋の場合、19×40 で 760mm必要なんですね~



配筋検査
配筋検査
それらの補強筋にしろ、ベ-ス筋にしろ、、規定通りかチェック!! チェック!! です。

家を支える基礎部分ですから、ほんとここが強度不足にならないよう、私の管理が重要なんですよね。

設計強度偽造・・とか。  その材料の試験デ-タの偽造・・とか。。

安心して住める家を、私が厳しい目でチェックしているので安心してくださいね。。。


配筋作業の後は、ここにベ-スコンクリ-トの打設です。

生コン強度は適切なのか、、そんなチェックをしていきますね。


静岡市駿河区鎌田の現場で基礎完成

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区鎌田の現場では、基礎が完成。。。

その出来形、、、要は出来栄えを確認しました。

基礎、コンクリ-トで一番大切なのは、、もちろん強度です。

その強度が不足される要因になるのが、基礎表面。。。

その基礎表面が、生コンの充填不足だと、ジャンカと言って、かみなりおこしみたいになります。。

鉄筋もむき出しになったり・・・

そのような現象になっていないか、、全体をよ~く見てみました
基礎出来形

基礎出来形

基礎表面も合格ですし、、

基礎の通りもまっすぐで合格ですね!!

ほんと、キレイな基礎仕上がりです。うん、完璧!

次の工程である大工さんに、安心してバトンタッチできますね。。。
看板シート

駿河区国吉田の現場では、仮設足場に当社の看板シ-トを取付。。

分譲地なのでライバル住宅会社が並んでいますが、、

〇条工務店さん 〇得住宅工房さん  そして、マルモホ-ム

3社ならんでも、、当社、引けを取ってませんよね。。。現場は一番かっこよく見えますよね!!

他社に負けないよう、足場だけでなく、私の品質管理もがんばります!!!

木材の組み方、継手加工

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

先日、、駿河区国吉田の現場では建て方作業をし、無事に家の骨組みが完了しました。

その時に、木材の仕口の加工や取付が写真に撮れたので、その紹介です。。。

梁が組み合わさる時に、その梁どうしが抜けないように加工されるのが、仕口加工です。
仕口加工

仕口加工

上の写真は、、

梁が直角に繋ぐ部分の加工

この継手加工を【蟻掛け】と言います。上から落し込むように差し込んで、直角方向に組んでいくのです。


さらに、、、


仕口加工

仕口加工

梁のタテ方向の継手は、、

この継手を【腰掛鎌継ぎ】と言います。。

これも同じように、オスの加工をしてある梁を上から、落し込むようにジョイントしていきます。

この加工なら、一度はまると、絶対に抜けないですね。。。

事実上、、梁を一度組むと、、、抜くのが大変!! 建て方の時に、間違って梁組みをしてしまうと

もう!! 大変です!!  ほんと、抜けないので・・・



仕口加工

仕口加工

梁組みを丁寧にやっていくと、、タテ方向・ヨコ方向、、このように梁組ができます。。

絶対に抜けないような加工、、さらにその梁どうしをボルトで締めていますので、安心です!!

木材の仕口加工がうまくはまっていくさま、、を見ると、木造を作っている実感がわきますし、感動します。。


やはり、

在来木造軸組工法が一番ですね!!。。  もちろん、我家(川口家)も、木造軸組工法です!!!!!(笑)

TV台廻りの仕上げ

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今週末に見学会がおこなわれる、静岡市清水区御門台の現場でTV台の設置をおこないました。

TV台は、家具工事になるので、クロス作業が終わってからの取付が基本です。

今日は、他、クリ-ニング作業をしているなか、TV台とその上の幕板を家具屋さんが取付作業をおこないました。
TV台の取付

TV台や幕板が設置される前は、こんな状態です。

TV背面の壁は、メインのクロスとはちょっと色を変えて、濃い目のクロスをチョイス。

その上下にエコカラットを貼りました。。

この状況を見ると、エコカラットの貼り方も、少しおかしく見えますが、、、
TV台の取付

TV台と幕板を取付すると、しっくりと、いい感じになりました。

幕板が両サイドの窓までのびているのでバランスいいですよね。

TV台が設置されると、エコカラットのバランスも良くみえます。。

あと、ここにTVが壁掛けされると、壁がビシっと引き締まりますね!!

そして、この上は吹抜け。。。残念ながら、写真には吹抜けが映ってませんが、

おかげでリビングの広さと明るさと最高です。


キッチン設置

キッチンの設置も、もちろん完了しています。。

そこで、そのキッチンの色を見てください。

キッチンの色と、TV台の色、、床の色、、、建具の色、、、、ト-タル的にまとまった空間色になっています。

まだ全てが養生とれたわけではないので、写真に撮れませんが、、

見学会に来場されると、その色合いは体験できるでしょう・・・

住宅には、色あいと質感、、大切ですね!!

静岡市駿河区国吉田の現場で建方・上棟

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、先週の月曜に引続き、同じ分譲地、、、駿河区国吉田の現場で、建方・上棟をむかえました。

当社の工法は、

【在来木造軸組み工法】(ざいらいもくぞうじくぐみこうほう)と言います。

土台・柱・梁・桁・母屋・垂木・筋違い などなどの木材で構成される家です。

それに対して、パネル組み工法や2×4(ツ-バイフォ-)工法などがあります。

当社の工法で建方をした場合、どんな順番で組み立てられるのか、、紹介です
建方
1階の柱を設置
建方
梁・桁を設置
建方
2階の床組み
建方
2階の床ベニヤを設置
建方
今回は、2階に小上がり床
建方
2階の柱を設置
建方
小屋組み 梁・桁を設置
建方
小屋束、母屋を設置
建方
垂木を取付

今日の作業は、ここまで!!

屋根の形まで、できました。。。

ここまで出来上がれば、今日の建方作業は、順調にいった、、といえるでしょう!

今日は、ほんと冷え込み、寒かったですが、なにより誰もケガ無く終わったことに感謝ですね。。


今日の大工さん達に聞いたら、『暑いより、全然、寒い方がましだよ~』ってみんな口を揃えて言ってました。。

暑い方が、作業には、ほんとこたえるようですね、、、寒いなか、ハツラツと作業してました~!!
マルモへのお問い合わせ・資料請求・プレゼントのお申し込みはこちら


scroll-to-top
  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから