建築部ブログ

刈初の儀と穿初の儀

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区馬渕の現場で、地鎮祭をおこないました。

今回の神主さんは、駿河区にある『伊河麻神社』さん、、ここの現場からも歩いて数分でいける神社さん

もう地元ですね。。地元の神社さんに地鎮祭をお願いしました。
地鎮祭
地鎮祭
地鎮祭とは、、、

建物の新築や土木工事の起工の際などに、その土地の神様を祀り、

工事の無事進行・完了と土地・建造物が末長く安全堅固であることを祈願するために、

おこなわれるお祭りなんです。

一般には「じまつり」などとも呼ばれ、国土の守護神である大地主神おおとこぬしのかみと、

その地域の神様である産土神うぶすなのかみ、またその土地の神々である

「此の地を宇志波伎坐うしはきます大神等」をお祀りします。

基本的な祭儀の流れは神社の祭儀とほぼ同様で、特徴的なこととして

三つの行事がおこなわれます。

一つははらいの行事であり、四方祓しほうはらいの儀と称して、祭場四方の敷地を大麻で祓ったり、半紙と麻を切って作った切麻きりぬさなどを撒き、祓い清めます。

二つ目は起工の行事であり、刈初かりぞめの儀・穿初うがちぞめの儀と称して、施主・施工者が忌鎌いみかま忌鍬いみくわ忌鋤いみすきなどにより、草を刈り、地を穿つ(掘る)所作をおこない、神様に工事の開始を奉告します。

三つ目は供物の行事であり、鎮物しずめもの埋納の儀と称して、神霊を和め鎮めるために鎮物の品を捧げて、工事の無事安全を祈念します。

土地の神に敬意をはらい、使用の許しを得て、

工事の安全と生活の平安を祈願するという祭りの意味は、

まさに日本人の生活習慣における伝統や信仰に基づいたものといえますね。。

地鎮祭
その儀式の一部である、『刈初の儀』かりぞめのぎ です。

お客様、代表して、ご主人が山砂の草を刈りました。。

そして、『穿初の儀』うがちぞめのぎ は、私が工事代表して、鍬を砂山に入れました。。。
地鎮祭
今日は、穏やかな秋晴れ! 最高の地鎮祭日和になりました!!

無地に地鎮祭が終了し、これで、着工です!! 

丁寧に、ご祈祷していただいたので、安心して工事作業できますね・・・

ちょっとまだ早いですが、完成が楽しみですね~

大きな梁は集成材で

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区鎌田の現場で、大きな梁について紹介です。

ここの現場は、木造3階建てになります。

しかも、1階は車庫として一部使用。。そうすると、柱と柱の間(スパン)が長くなります。。

5m近いスパンで、大きい梁が架かっています。
集成梁
集成梁
その大きな梁は、、無垢材でなく、集成材を採用。。

採用、、というか、ここまで大きな梁ですと、無垢材では用意することができず、

強度的にも安定した集成材しかないのです。。

この梁は、米松を重ね合わせた集成材。。大きいですね~


集成梁
集成梁
この梁の成は、540mmぐらい、、

もし、この大きさの梁を無垢材で確保しようとするなら、単純に、

直径540mm以上の木が必要になりますね、、さらに、長さ5mほどですから、

先端で540mmってことは、根元では、もっと大きな直径な木が必要。。。

こんな大きな木は、なかなか採取できないですし、強度も不安定ですし、、、

集成材の方が、だんぜんいいですね!!  側面をみても、何層にもなっている梁なんです~

一般的な2階の木造住宅では、ここまで大きな梁は必要でないでしょう・・

ですが、ここの現場は、木造3階建て。 構造計算もしています。。。

そうすると、やはり、こんな大きさが必要になってくるのですね、、

それにしても、写真でもわかるように、すご~く頑固な構造に見えますね
集成梁
2階の構造部分でも、けっこう大きな梁や、2重壁にして、強度を増してます。。。

木造の3階建て、って凄く素敵です。 木造でここまでの大きな木材を使用して

ここまで壁を厚くして、、、この構造を見ると、耐震的にも安心して見えますね。

私としては、ワクワクする骨組みであり構造なんで、木造軸組み工法ここにあり!!って感じです。

こんなお宅に住みたいですね~

地縄張り

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市駿河区谷田の現場で、『地縄張り』をしてきました。

地縄張り・・とは?

着工前に、建物の位置を、実際の現場の地面に位置出しを紐などでおこなうこと。。

建物配置確認です。

語源は、縄張り、、からきているようですね。。

『なわばり』・・とは、、

文字通り、縄を張り巡らせることが原義です。縄を張って、土地などの境界線を定めたり、

他の場所と区別する特別区域であることを示したことから、境界線や領域を示す意味になったようです。

戦国時代以降は、城の塀や石垣などの配置を定める為、縄を張ることを意味する建築用語として

『縄張り』が用いられるようになったようです・
地縄
その地縄の張り方は、、

まず、境界から建物の平行線、、平行位置を出します。。(境界から平行でない場合もありますが、、、)
地縄
平行線を出したら、起点を出し、、

そこから、直角方向を出せばいいのです・・

その直角は、もう簡単。。。3:4:5で直角です。

もっと簡単にいうと、3mを出し、そこを起点に、5mと4mの交点を出せば、

そこが直角ラインなんです。。
地縄
この3:4:5 を利用して、あっという間に、地縄張りが完了しました。。

直角を算出する方法で、数学的に、1:1:ル-ト2 もありますね。。

ル-ト2は、1.41421356 ですよね。『ひとよひとよにひとみごろ』って学生の頃、覚えませんでしたか?

こんな細かい数値を使うより、3m:4m:5mの方が覚えやすいですね~

3:4:5 (さんしご) 建築現場では意外と多用するので、覚えておくと便利ですよ。。。

完成写真のプロとアマの違い

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

引渡しした駿河区宮竹の現場で、先日、完成写真を夕方から撮影。

プロのカメラマンが現場に来て、時間をかけて丁寧に撮影していきました。
完成写真
完成写真
では、、

プロが撮影した写真と、アマ(私)が撮影した写真とを、比較してみましょう・・・
完成写真
プロが撮影
完成写真
アマが撮影
撮影する時間帯や、照明器具の点灯など、、やっぱり違いますね。。

それと、TV背面壁までの奥行が、プロ撮影の方が、感じられますね~
完成写真
プロ
完成写真
アマ
カメラ機器の差もありますね~。。

プロの写真は、見せたい部位がしっかりと映ってますね。

なんだか、同じお宅の同じリビングとは、思えない差を感じます・・・
完成写真
完成写真
他のアングルでは、こんな写真も撮れてます。


いずれ、当社ホ-ムペ-ジにも掲載されるでしょう・・

私も、こんな写真が撮れるようになりたいなぁ~

着工~完成まで

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、先日、完成引渡しした、焼津市上新田の現場。。

基礎着工~完成まで、どのような順番で作業が進んだのか、簡単に説明します。
着工~完成まで
着工前 更地の状態
着工~完成まで
基礎工事 遣り方から始まり
着工~完成まで
土間下に防湿シ-ト
着工~完成まで
鉄筋を組みました
着工~完成まで
生コン車がきてコン打設
着工~完成まで
基礎完成
着工~完成まで
基礎の上に土台を設置
着工~完成まで
足場を架け、柱の設置。上棟です
着工~完成まで
レッカ-で材料を吊り上げて
着工~完成まで
上棟当日は、屋根まで完了
着工~完成まで
周囲に足場とネットを架けて7
着工~完成まで
屋根と壁に断熱材を吹付け
着工~完成まで
屋根のガルバを貼って
着工~完成まで
外壁サイディングを貼り
着工~完成まで
内部造作工事
着工~完成まで
壁や天井ボ-ドが貼れて
着工~完成まで
外壁も完了
着工~完成まで
キッチンを設置して
着工~完成まで
着工~完成まで
そして、、

完成です!!  基礎着工~完成まで、約5ヵ月・・・

長い期間に感じますが、ほんとあっという間に完成した、という実感です。

作り手の私としては、完成してしまうと、ちょっぴり寂しかったりするのですが、

お客様が喜んでいる姿を見ると、この仕事をしていて、ほんとに良かったと、、達成感でいっぱいになります。


今日も、たくさんのいっぱいの幸せをいただきました!!

基礎工事のいろいろ

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡県焼津市小土の現場で、基礎配筋の検査をしました。

その基礎配筋、、鉄筋の作業作業状況は、良好で特に問題なく、、合格です。

基礎工事のいろいろ、名前から紹介したいと思います。
基礎工事
まずは、この基礎配筋で使用する鉄筋、、

正式な名称は、『異形鉄筋』いけいてっきん と言います。

よくその鉄筋を見てみると、異形・・というだけに、表面がごつごつしている、、

凸凹しているんですね
基礎工事
なぜ、凸凹しているんでしょう??

それは、

コンクリ-トが付着しやすいように、、鉄筋の表面が、ぼこぼこしているんですね。

むか~し、、この鉄筋は、丸棒(まるぼう)と言って、ツルツルとした鉄筋を使用していました。。

ですが、その丸棒ですと、コンクリ-トが弱くなってしまい、不具合が生じたんですね、

そこで、この異形鉄筋が誕生したんです。 

私が、現場監督になったころ、丸棒鉄筋を使った記憶が、ちょっとだけ残ってますね~
基礎工事
次に、鉄筋の下に敷いてある、このビニ-ルシ-トなんですが、

ただのビニ-ルではありません。 これには役目がありまして、

土間下から土から上がってくる湿気をシャットアウトしているんです。。

その名も、『防湿シ-ト』 と呼んでます。

写真みても分かるように、雫がみえ、湿気を防いでいるのがわかりますね。

このシ-トで土間下の湿気を防がないと、床下は湿気だらけ、、、そして

木材である土台や大引など、腐ってきてしまうんです。。。
基礎工事
型枠がのっている、コンクリ-トが見えています。。

これは、構造的なコンクリ-トでなく、作業上必要なコンクリ-トでして

その名を『捨てコン』すてこん  って言います。

外回りに立てている型枠の位置出し(墨出し)する為、型枠を平らに設置する為、

その為に、こうやってコンクリ-トを流し込んで平らにしています、、捨てコンクリ-トなんです!!


作業の為に捨てるコンクリ-トって、、、面白いですよね。

ん~、、建築は、難しいですし、奥が深い・・って、いつもそう思います。

焼津市上新田の現場で感動引渡し

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡県焼津市上新田の現場で引渡式を開催しました。

朝から、お客様は現場へきていただき、、玄関前で、テ-プカットと記念撮影です。

大きなカギを持って、パシャ!! 

この時期、マスクをつけていて表情がわからないですが、満面な笑顔です!!
引渡し
ほんと、いつも引渡しの時に、私、思うのですが、、、

大人より、子供達、お子さんが、元気ではしゃいで、何より大人より、

新しい家が嬉しいようで、、、

今日も、一歳になる子が、ほんとテンション高めで、、分かっているんでしょうね。。

新しい門出だ。。ということを。 私もその姿をみて、うれしくて感動しましたぁ!!



広いリビング
広いリビング
今回、完成引渡しになるお宅の一番の特徴は、、

エアコン一台による全館空調です。

床下と小屋裏に、家庭用壁掛けエアコンをそれぞれ1台ずつ設置。

床下のエアコンは、基本的に冬用。。

小屋裏のエアコンは、基本的に夏用。。


床下エアコン
床下エアコン
TV台の中央に、床下エアコンを設置。。

この時期なので、このエアコンを25℃で設定して、稼働。。。。

床に開けたガラリから空気が室内へ流れ、、結構、今日も室内は暖かったですね。

エアコン一台で、この広いリビングとダイニング、洋間、洗面、トイレ、脱衣室、玄関、WIC・・

これだけの範囲の空気環境を管理できるのですから、、最高ですね!!

このシステム、、当社としては初トライでしたが、、大成功! いいかもしれないですよ~



それにしても、今日は、ほんとうに感動する引渡しができました!

感震ブレ-カ-とは

こんにちは。 マルモホ-ムの川口です。

今日は、先日、感震ブレ-カ-の問合せが会社にあったので、そのお知らせです。

感震ブレ-カ- ??

感震ブレ-カ-とは、簡単に言うと、地震の時に揺れを感知して電気の分電盤が自動的に

シャットダウンする機能が付いているブレ-カ-のことです。
感震ブレ-カ-

大地震の被害にあい、その時は電柱など外の電線が切れているので

家の中には通電されていませんが、ブレ-カ-をそのままで避難し

その後、電気が回復、家に通電された時に、誰もいない家に電気が通り

家電などが動きだしたり、家の中で切れた線から火災になって・・・

そんな災害に備える為に、感震ブレ-カ-は必要かもしれませんね

感震ブレ-カ-
感震ブレ-カ-

その感震ブレ-カ-の取付は、新築時では、分電盤に取付すればそれでOK。簡単です。

ですが、既存のお宅に設置する場合は、分電盤に、上の写真のように、

ブレ-カ-の予備スペ-スがないと、ダメなんです。。


小ブレ-カ-に空きがあると、このような小さい感震ブレ-カ-の取付でOK。。

分電盤にもし、空きがなければ、また違う方法でも、取付できるようです。


さらに、静岡市では感震ブレ-カ-取付助成金があります。

これから新築される方は、1万円の補助金

すでにある家に取付する場合は、かかった費用の2/3以下、または上限2万5千円までの補助金

そんな助成金制度がありますので、活用すれば手頃に取付できますね。。

工事開始まえに静岡市へ申請が必要であったり、、、

助成金の枠もありますので、予算がいっぱいになると、そこで終わってしまうので注意が必要です。


着工~完成まで

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

先日、引渡しした駿河区宮竹の現場、、、

着工~完成まで、どのように工事が進んだのか、おさらいしたいと思います。

私は、大学卒業して、ず~~~~っと建築業ですので、家が完成するまでの流れは

頭の中に入っています。 ですが、一般の方は、どうやって家ができていくのか、

その順番、工程がわからない人も多いと思いますので、紹介で~す。。。
着工~完成
既存のお宅がありましたが、解体。。。
着工~完成
解体して更地になってから、地鎮祭をしました
着工~完成
地盤補強が必要でしたので、柱状改良
着工~完成
地盤補強が終わったら、基礎工事のスタ-ト
着工~完成
基礎の骨組み、鉄筋を組んだら、
着工~完成
生コン車がきて、コンクリ-ト打設です。
着工~完成
立上りの枠を組んで、またコンクリ-ト打設
着工~完成
型枠を外したら、基礎完成です
着工~完成
基礎の上に、土台を設置して
着工~完成
廻りに足場を組んで、建方・上棟です
着工~完成
1階の柱を設置後、2階の床組み
着工~完成
1階~3階まで、、見えてきました
着工~完成
筋違いや金物の取付
着工~完成
サッシが取付されて、外壁防水紙を貼りました
着工~完成
外壁面の壁にウレタン断熱を吹付け
着工~完成
内部造作作業、、、天井ボ-ドを貼りました
着工~完成
サイディング貼り、そしてコ-キング作業
着工~完成
壁や天井のプラスタ-ボ-ドが貼れてきました
着工~完成
丁寧にクロスを貼って
着工~完成
外の足場が無くなりました
着工~完成
内部も外部も完成~!!
どうですか。。。

地鎮祭~基礎着工して、上棟・・・足場がなくなって、完成まで・・・

こうやって、一件の家が出来上がっていくのです。

工期、約6ヵ月、、、他社に比べると長いと思いますが、こだわりのある住宅、

気持をこめて丁寧に、信頼できる業者さんと創り上げていってます。。。

和室建具の調整

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

昨日、、新築して約2年経つお宅で、2年点検の結果。。。和室建具の調整をしました。

この和室は、既製品建具ではなく、建具屋さんがこの現場に合わせて製作した、造作建具。

白木の枠で襖を貼った建具です。。


2年点検にお伺いした際、和室建具が、開けた時と閉めた時に、建枠よりちょっと隙間が見え

調整が必要でした。

このような和室建具は、枠を削るしかありません。。逆に既製品建具でしたら、

戸車や上吊車をビスで調整すれば、すぐ直ってしまうのですが、、、


和室建具
まずは、建具の下部分をカンナで削って、微調整・・・

それでも、建付けが直らない場合は、敷居の溝を削って、調整すんです。
和室建具
少し削っては、建具を嵌め、、

また外して、削っては、建具を嵌め、、、削りすぎてしまうと、後戻りできなくなるので、

ほんと、ちょっとずつ、ちょっとずつ、微調整しながら、、なんですね。
和室建具
たった2本の建具調整ですが、今回の作業時間は、約1時間半。。

やはり大変な作業でした・・・

でも、2年経過したお宅でも、ビシっと隙間なく和室建具が、なおったので、スッキリ!!です。

いやぁ~良かったです。
マルモへのお問い合わせ・資料請求・プレゼントのお申し込みはこちら


scroll-to-top
  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから