ブログ

ピュアパイル工法による地盤補強工事

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市駿河区宮竹の現場では、地盤補強工事が始まりました。

今回の補強工事の工法は、、『ピュアパイル工法』です。

直径200ぐらいの大きさで穴を明け、そこに引抜きながらセメントミルクを注入しながら、

杭をつくっていく。。簡単にいうとそんな工法です。

現地の土と混ぜて、杭をつくらないので、強度的には安定する工法になります。
地盤補強工事
敷地内には、杭をつくる機械、、、重機が入り、垂直に穴を明けていきます。

となりには、トラックに積んだ機械で、セメントの水を混ぜて、

セメントミルクをこの重機にホースで送っています。。

この仕組みを図解化すると、、
地盤補強工事
杭の長さは、平均して約6mぐらい。。

35本ほど、杭をつくっていく作業になります。


地盤補強工事
杭が形成された部分は、みな少し盛り上がっていますね。。

なんだか、モグラの跡みたいに・・・その盛り上がった土を見ると
地盤補強工事
なるほど~、、この土を見ると、地盤改良が必要だ!ってわかりますね。

色が濃い、粘土層・・この地盤層に家が支えられるとは、思えませんよね・・・
地盤補強工事
地盤補強に使用したセメントミルクを現場採取して、試験体を確保。

これを養生期間をとって、強度試験をします。

地盤にもぐっている構造体、確かなものなのか不安ですが、

しっかりと地盤工事の施工報告書があるのと、このように現場採取の試験体で

強度試験をしてもらえると安心ですね。。。
地盤補強工事
明日も、引続き、地盤補強工事です。。

雨の心配もいらないので、順調に進むでしょう!

基礎の骨組み

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

島田市船木の現場では、基礎工事中。。。

基礎コンクリ-トの中に入っているのが、その骨組みでもある鉄筋。

その鉄筋が、当社での標準仕様を紹介です。。
鉄筋工事
まずは、ベタ基礎の基本である、、ベース筋。

土間部分ですね。。ここの骨組みは、、

D13という太さ13mmの異形鉄筋をタテヨコ共150mm間隔で組んでいます。
ベ-ス筋
立上りの鉄筋は、タテ筋が、D10の鉄筋を300mm間隔で設置。

ヨコ筋は、D13が2本、と腹筋がD10一本、、。

ですが、構造計算上、スパンがとんだ立上りに対しては、補強筋が入ります。
補強筋
ここの現場の場合は、写真のように、上下それぞれ、D16の鉄筋が2本ずつ。

(現場によっては、D19の鉄筋をしようしたり、、)

もうひとつ、基礎には、人通口があるのですが、

そこの開口補強、、
開口補強
この補強筋は、ベース部分に、D16の鉄筋が3本もはいるのですね~

このように、ベース筋・立上り筋・補強筋、これらを基本ベ-スに組立て、

基礎配筋作業は完了です。


次の工程は、、

【ベ-スコンクリ-トの打設】 です。

外壁サイディングの貼り方

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日から、清水区草薙の現場では、完成見学会の開催中・・

外観は、紺色のサイディングのタテ貼りと、茶色の木目調のサイディングを貼っています。

色の違うサイディングをこうやって、表面の段差をつけることで、うまく貼り分けてますね。
サイディングの貼り方
このサイディングの貼り分け、出っ張っている躯体は、ちょうど柱1本分出ているのです。

105mmずらすだけで、素敵になりますね。。。

そして、紺色のサイディングは、タテ貼りです。(木目調のサイディングはヨコ貼り)

タテ貼りですと、どうしても、ジョイント部分が入ります。

サイディングの材料自体の長さは、3m。。なので、最大で、3mのとこにジョイント水切りが取付されるのです。

そのサイディングジョイントを美しく、かつ自然に見せる為に、


サイディングの貼り方
サイディングの貼り方
木目調のサイディング部分の上端、、オ-バ-ハング水切りと

タテサイディングのジョイントの位置を同じとこにしているんですね~

この辺のこだわりというか、美しくみえるサイディング貼り方、、見てもらえると嬉しいです。。。


そして、窓部分の、サイディングのクラック防止のためのコ-キング。。これも紹介です。
サイディングの貼り方
サイディングの貼り方
窓の横に、サイディングのジョイント、コ-キングがされてます。。

美しい外観なのに、ここにコ-キング?? ちょっと気になるのですが、

これには、すごい理由があるのです!

サイディング一枚の大きさは、455×3.0m、、これをタテ貼りすると、

サイディングを貼付する時、窓部分を加工、、でも、このように加工なんて、できないです。

残っている部分が少ないので、加工して運んでいるうちに、サイディングが割れて、折れていまいますし

たとえ、うまく貼れたとしても、将来、ここにクラックが発生するでしょう。

もちろん、メ-カ-の施工基準にも、表記があり、、このような加工はダメなんですね~

なので、どうしても、小さいサイディングを貼って、コ-キング納まりになってしまうのです。

サイディングの宿命ともいえるでしょう。。。

大きな窓のシャッタ-は??

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、大きな掃出し窓につくシャッタ-について紹介です。

明日から、見学会を開催する、清水区草薙の現場では、1階のリビングに大きな掃出し窓

4枚引違サッシが設置されています。

この窓のサイズは、W3.4m×H2.2m 電動シャッタ-付きです。
電動シャッタ-
電動シャッタ-
Wサイズが、ここまで広いと、一枚サイズでのシャッタ-は不可能・・

なので、中央に枠が付き、シャッタ-自体が2分割になります。。

外観から見ると、こんな感じ。。

室内から見ると、
電動シャッタ-
シャッタ-の方立が、真ん中にありますが、窓の枠がちょうどその中央にあるので

内部から見ても、全然、違和感ないし、わかりません。上の写真は、窓が閉まっている状態。
電動シャッタ-
ですが、引違窓を開けると、、

そこには、シャッタ-の方立が、あります・・・

なんだか、窓を開けて開放しても、まだ閉まっているように見えますね。。

せっかく大きく開放するために大きな窓にしたのに、これでは残念なことに・・


ですが、ご安心ください。。このシャッタ-の方立は、取り外すことができます。
電動シャッタ-
方立を取り外せば、ようやく開放的な窓になりました!!

シャッタ-があると大きな引違窓ですと、、こうなるので、注意が必要です。。。

引違窓ですと、どうしても、引いた側の窓が残っているので、窓全体の開放にはなりません。

開放感を重視するのなら、先日、見学会をおこなった現場の2階のリビングのように、
電動シャッタ-
オ-プンウィンといった折れ戸のような窓が、一番いいかもしれませんね。

でも、こちらも注意ですよ。。この窓は、外側に折れるので、シャッタ-の取付ができないのですね~


その窓は、何の為に取付するのか、何を重視するのか、、

目的などを第一に、窓の形状を決めるのが一番いいですね。

それにしても、大きな窓は、室内の雰囲気を変える力がありますね。。。

静岡市清水区草薙で完成

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡市清水区草薙の現場では、完成~!!

そして、今週末に見学会があります。。

そこで、仕上げ状況など、チェック確認にいってきました。。
完成見学会
外観は、黒のサイディングでタテ貼り・・・玄関廻りだけ、木目調のサイディング、ヨコ貼りです。

サッシの取付配置が、タテのライン、ヨコのライン、、、揃っている。

これが、美しい外観の基本なんです。。


そして、内部の1階のリビングでは、、、
完成見学会
2階に上がる階段スペ-スとフリ-スペ-スと、、

リビングの一部を、うまく吹抜けにして、、、リビングに明りが入るようにプランニング。。。

いい感じに、リビングとフリ-スペ-スが、コラボしました。

平面図では、分かないタテへの空間。それが、実感できますね~。

その1階のリビング床です。
リビング床
リビング床
この床材。。

当社、標準仕様ではなく、オプションになり追加金額が発生しますが、、、

私がここの空間に入ってすぐ分かりました。  『ん? 床が違う・・』

そうなんです。床材ってその空間を創りだす重要な一部でして

床材ひとつで雰囲気変わるのです。。


この床材は、永大の銘樹ロイヤルセレクション・ブラックチェリ-のランダムタイプ。

表面の突板の素材感、、そして、フロ-リング材の溝の巾が違うのと、ランダムに貼ったような感じ、、、

すごくいい!!って思います。

何でしょう・・・こういうフロ-リングと一般的なフロ-リング、、

実際に歩いてみたり、踏んでみたり、すると感触が違うんですよね~

この辺を、見学会に来場されて実感されるといいと思います。


ここの現場は、2世帯住宅になります。

1階リビングと2階リビング、、それぞれの生活空間を実感してもらえれば、と思います。


ご来場、お待ちしておりま~す・・・

5/6のDIY

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、休みの最終日です・・雨が降ってくる前に、DIY。

今日は、リビングからつながるウッドデッキの一部が、下がってきている。それの修理をしました。
ウッドデッキの修理
ウッドデッキの中央の柱が下がってしまってきている・・・
ウッドデッキの修理
外側を確認、、

以前、柱の根本が腐食したので修理したのですが、どうもそこの腐りが進行しているよう・・・

補強しているとこを外してみたら
ウッドデッキの修理
触ってみると、支えているように見える木材もスカスカ。。。

腐っている部分を除去。
ウッドデッキの修理
除去したら、こんな空洞に・・・

とにかく、柱を上にあげて補強をすることにしました。
ウッドデッキの修理
簡単に柱を持ち上げることは、、人力では不可能。

そこで、手頃にあったのが、車に積んであるジャッキ。 これを使用しました。

柱に木を添え木して、固定。 ジャッキでぐるぐると持ち上げ、
ウッドデッキの修理
おおよそ、水平になったら、仮補強材をいれ、ジャッキを外し、、

柱に沿えるように補強材をビスで6本、取付ました。

その補強材は、束石に載っているので、下がることもなさそうですし、

地面から、水分を吸って腐食することも、まぬがれるでしょう・・・

でも、このままでは、、

もちろん、昨日使用した、キシラデコ-ルを塗って、完了。
ウッドデッキの修理
ウッドデッキの修理
BEFORE
ウッドデッキの修理
AFTER
だいぶ、水平になりましたぁ~。


柱とか床材とか腐食具合をみると、ま~あともって数年。

2年後には、このウッドデッキも全面改装が必要みたいです。。。

今日の、DIY・日曜大工も終了しました。

5/5今日のDIY

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、いい天気!! 晴天でした。 昨日、できなかったDIYを再開です!

我家の浴室とトイレは、道路側にあります。 新築した当時、やはり目線が気になるので

すぐにこの目隠し壁をつくりました。
目隠し壁
目隠し壁
目隠し壁
すべて木材で製作し、杉材を加工して、自分で、、日曜大工で創りました。

このように、窓よりも少し高めで、窓よりもすこしワイドに、、製作すれば、

内側から見ても、そとが全然きになりませんね。。。


今日は、この目隠し壁を、再塗装です。

塗装することで、木材に塗料が浸透し、雨にも負けないようになります。

外部に使用している木材は、2年に一度ぐらいは、塗装したほうが、いいでしょう。。

と、言っても、この目隠し壁を塗るのは、8年ぶり・・ぐらいかも。。。。

用意するものは、、
目隠し壁
目隠し壁
まずは、塗料を入れる容器をつくります。

500mlのパックをがあったので、それを約半分ぐらいに切ります。

空のペットボトルを半分に切ってつかってもいいでしょう。

もちろん、ホ-ムセンタ-で売っている専用の容器を購入しても、いいですが、、これで充分ですよ~!


目隠し壁
目隠し壁
次ぎに塗料の準備です。

この塗料は、『キシラデコ-ル』・・外部で使用する塗料の中で、一番! だと私は思っています。

キシラデコ-ルは、外部木材保護塗料して、1位.2位を争う人気商品。

我家の外部の木部分は、全てこの塗料ですね。(内部は、オスモカラ-です)
目隠し壁
刷毛でまんべんなく、塗っていきます。

と、その前に、塗装する面の汚れをとったり、軽くペ-パ-掛けする方がいいでしょう。。


目隠し壁
BEFORE
目隠し壁
AFTER
塗装前と塗装後。

15年前と、まったく同じメ-カ-で、同じ色の塗料を塗っているので、違いがわかりにくいかも、、

でも、キレイになりました!! (ただの自己満足かも・・笑)

15年経っても、まだ腐らずに、こんな状態でいるのって凄いと思いません??

多分、他の塗料ですと、意外と腐るのが早いかも。

木材の塗料で、私がこだわっているのは、木の素材感をそのまま生かしてくれる塗料。これが一番ですね!!


今日のDIYも塗装で終わってしまいました。。が、室内も外もキレイになってきましたよ~

ダウンライトの取外し

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、雨模様でしたので、DIY・日曜大工はちょっと延期。

そこで、ダウンライトの取外し・取付方について、紹介です。

天井に取付されている埋め込み型の照明、これをダウンライトといいます。
ダウンライト
このダウンライトですが、

天井に、100Φの穴を明け、そこへバネで挟みこむように止まっています。

(器具の種類によって、穴の大きさは違います。。)
ダウンライト
ダウンライト
このバネが広がることで、止まっているので、

ダウンライトを外す時は、本体を少し引張って、バネを内側へ押すようにすると

少しずつ、外すことができるんですね~
ダウンライト
そして、本体へ差し込む電線ですが、黒い線を、白い線を、それぞれここへカチッと差し込めばOK

差し込むと、簡単には電線が抜けないようになっているので、安心してください。

ちなみに、線を差し込む時には、ここをマイナスドライバ-など、先が細いもので、押し込みながら

線を引くと、抜けます・・・
ダウンライト
ダウンライト
仕組みがわかると、ダウンライトに不具合が出た時に、

もしかして自分でも外すことが、できるかもしれませんね・・・

でも、慣れないと、難しい作業・・・やはり、困った時はマルモホ-ムの川口まで連絡ください。。。


ダウンライトがどうやって取付いているのか、、紹介でした~

5/3今日のDIY

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日から休みに入ったので、ちょっとずつ、我家のDIYをやっていきたいと思います。

まず第一段。。DIYというか補修というか、

床のワックスがだいぶとれてきてしまっているので、再塗装です。

うちの床材は、杉の無垢材で、厚さが3cmのものを使用しています。

新築時に床のワックスを掛け、数年に一度、床メンテナンスも兼ねて、ワックス掛けしているんです。

ワックスと言うより、塗料といいたほうが、いいでしょうか。



オスモカラ-
用意したのが、数年前に塗布した余りの缶、、オスモカラ-と雑巾です。

このオスモカラ-は、内部の木材塗装にお勧めです。 特に無垢材に塗るのはいいですね。

この塗料は、ドイツ生まれの自然塗料で、主剤が、植物油と植物ワックスでできているんです。

赤ちゃんが使う玩具で使用されたり、動植物や人体に、安全な塗料としてドイツで認められているのですね~

さらに、表面に塗装しても、木材の良さをいかし、木材の呼吸を妨げないのです。

オスモカラ-
オスモカラーは木に深く浸透し、木の呼吸を妨げません。
木は快適で健康的な住空間を提供してくれる素晴らしい素材で、梅雨時期などの湿気の多いときは湿気を吸い、冬の湿気が少ない時期は湿気を吐き出し部屋の湿度を調整する機能を持っています。
ウレタン塗料を塗ってしまうと木の表面にプラスチックの膜をつくり、木が呼吸できなくなってしまい、木を使った意味がなくなってしまいます。(オスモカラ- ホ-ムペ-ジより掲載)
オスモカラ-
オスモカラ-
作業手順は、簡単・・・

缶の蓋を開ける前に良く振って、中の塗料をまぜて、、

雑巾に、ワックスを少々とります。

それを、床に雑巾で拭く感じで、塗布のばしていく要領で、、拭き取ってしまうイメ-ジで良いでしょう。。

これだけ、です。

うちには、小さい子どもがいませんが、自然塗料なので、もしお子さんがいても、

塗って乾燥する前に触ったって安心。 うちには、わんこがいますが、わんこが舐めても安心。。。


オスモカラ-
BEFORE
オスモカラ-
AFTER
オスモカラ-
BEFORE
オスモカラ-
AFTER
オスモカラ-
BEFORE
オスモカラ-
AFTER
写真では、ちょっと分りにくいですが、

深みが出た、というか味がある床にいっそうなったような気がします。

経過すればするほど、良い古さが出るような、、そんな床になりそうですね~


使用した材料は、【オスモカラ-/フロアクリア-】。。


今日のDIYは、約1時間ほどで終わりました・・・

軒天に特別仕様を施工

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市葵区安西の現場で、内部の大工工事がもうすぐ終了・・ってことで、

内部造作工事などの確認に行ってきました。

ですが、内部に入る前に、『おっ~!!』って、すごく目に入るとこがありました!

それは、軒天。

軒天(のきてん)ってわかりますか??

軒天とは、軒部分の天井のこと。屋根が出っ張っている部分の上裏、天井のことなんです。。

玄関の外のポ-チ天井や、ベランダ下の天井や、大屋根の天井、、、などなどが該当すると思います。
軒天
軒天
この軒天材、、当社の標準でなく、特別仕様。。。

これは、神島化学工業のアルテザ-ト/ウォルナットダ-クです。

当社で使用するのは、初めて。。。施工する前は、ドキドキでしたけど、

こうやって仕上がった状況をみると、やはり違いますね~。。深みを感じます。

ウォルナット感がすごいです。いいですね~、、、

お値段がもっとリ-ズナブルになれば、標準化したいぐらい。
軒天
標準軒天より、ちょっとオプション価格で施工しているのが、上の写真です。

これも、木目調の軒天材になります。。これは、これでとても素敵ですし、他と差が出る玄関になりますね。。



そして、内部。

玄関廻りの造作工事を大工さんが作業中。。

玄関壁に、ウォ-ルナットパネルをもうすぐ貼る、とのことで、材料を確認しました。
ウォ-ルナットパネル
ウォ-ルナットパネル
このパネル材、、貼る面の壁の巾が長い場合、、ジョイントしなければなりません。。。

モザイク部分、凸凹を利用して、下の写真のように、オスメスになって差し込まれるのです
ウォ-ルナットパネル
これが、仕上がると、、、

実は、今日、ちょうどメンテナンスに伺った、焼津のお客様のとこで

TV背面に、このウォ-ルナットパネルを貼ってことを思い出し、、写真に撮らせてもらいました。
ウォ-ルナットパネル
ウォ-ルナットパネル
壁に貼ると、こんな感じになるのですね~

もう、このお宅は、2年以上経ちますが、まだまだ見劣りしませんね~

素敵なTVS(テレビステ-ション)が、また拝見できました。

葵区安西の現場の玄関壁も、このように素敵になるでしょう!! 楽しみですね~。。

scroll-to-top
  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから