ブログ

階段手摺の受け金具

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、階段手摺の受け金具の紹介です。

階段手摺を壁から支える部品と、90度に曲がる部分の部品。。


階段手摺金具
手摺棒は、床材の色に合わせて、ナチュラル色をチョイス。

手摺棒自体のメ-カ-さんは、セブン工業。 色が自由に製作できるので、床に合わせてもらっています。。

手摺棒を支えている金具が、カワジュンというメ-カ-。

このカワジュンというメ-カ-さんは意匠的な部分にこだわりがあり、オシャレに出来ています。

高級感があるのですね~。。例えば、取付しているビスなどが、見えない部分にあって隠されていたり

製品自体が他のメ-カ-さんより、スタイリッシュですね。
階段手摺金具
さらに、注目は、色です!!

写真のように、ブラックであったり、他には、クロ-ム、ニッケルといった

ステンレスカラ-の艶消し・艶あり、、

このブラックはマット調、艶消しです。

ナチュラル色の手摺には、この色、合いますね・・・

ちょっとアンティ-クっぽくて、すごくいいと思います。

と、いうか、家全体の雰囲気や内装のテイストに、この金具の黒が似合っているのですね~


みなさ~ん。

ちょっとしたことですが、階段手摺の金具の色だけでも、その空間の景色が変わってくるので、

ここまで、こだわった家創りをした方がいいですよ~。。

ダイニングテ-ブルの上の照明

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、藤枝市下之郷の現場で、役所の完了検査を受けました。

建築基準法による検査ですね。  簡単に言うと、確認申請通りに家が完成しているかチェック・・ということです。

浄化槽の設置や家の間取りの変更がないか、24h換気であったり、煙感知器の取付、、などなど・・

そんな中、ダイニングの空間を見て、すごく素敵だなと感じました。
ダイニングテ-ブルの照明
この写真は、見学会ようにテ-ブルや食器などをセットしたもの。

何もない空間のダイニングより、こうやって家具を設置したり、、照明が点灯すると

この空間がいきいきしてきますね。。。

そして、天井から吊下げられているおわん型の照明が素敵です。

高級焼き肉店・・みたいな感じですね~(高級焼き肉店に行ったことがありませんが・・・笑)

ダイニングテ-ブルの照明
照明の明かりは、やはりオレンジ色の電球色がいいですね。。

白い光の昼白色は、文字など書くのに目に優しく・・

オレンジ色の電球色は、料理がおいしく見える・・とのことです。。

ちなみに我が家の照明は、すべて電球色です。 空間が穏やかにみえるというか、

すこし温かく感じますよ。。

昼白色/電球色の2種類に対して、温白色という中間の色の照明が、最近ではあります。。

昼白か電球か、、、照明の色に迷ったら、温白色をチョイスするのも、ひとつの手でしょう。。。

照明ひとつで、その空間が、がらって変わりますので、慎重に照明選びをしたいとこですね。
吹抜けリビング
吹抜けリビングを2階のホ-ルから撮影。。

神谷コ-ポレ-ションの建具変更

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

焼津市石脇の現場では、内部の建具の吊り込みが完了。。

当社で標準採用している建具が、神谷コ-ポレ-ションというメ-カ-さんです。

ここの建具の特徴は、天井までいっぱいの高さ、H2.4mあって、

建具上に垂れ壁がないので、スッキリしていて、お客様にとても大好評なんです。
神谷コ-ポレ-ション
その神谷コ-ポレ-ションの建具が、リニュ-アルされました。。。

まずは、、、
神谷コ-ポレ-ション
建具の厚さが、30mm⇒40mmに変更。

1cmも厚くなりました。。当然、その分建具本体が重くなり。。
神谷コ-ポレ-ション
建具の上部、、引戸の場合、吊戸車がありますが、

それが、見えないようにキャップがつきました。
神谷コ-ポレ-ション
引き戸の上のレ-ルも数mm,巾が小さくなりました。

さらに、レ-ルの小口部分にキャップがつき、レ-ルの中の端部壁が見えなくなりました。。



神谷コ-ポレ-ションも、いろいろとお客様の情報を得て、改善されていきますね。

特に、この建具厚さの変更は、正解だと思います。

建具が2.4mと長い分、建具が反ってきた・・というメンテ依頼の連絡を以前は、ときどき受けました。

例えば、居室側と廊下側の空気環境は違うので、表面材が反ってきて、建具自体が曲がってしまったり、、

たかが、1cmですが、30mm⇒40mmに変わったことで、そんな症状は少なくなるでしょう・・

ちょっと期待したいリニュ-アルですね!!

サイコロの間隔

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、午前中、、、雨でした。。

そんな中、藤枝市藤枝の現場で、基礎配筋作業が終わった、とのことで、

私が配筋検査に行ってきました。 
基礎配筋
まずは、全景写真。。

全体の様子を見てみました。ベース配筋のD13@150mmの間隔は崩れていないようで

キレイに鉄筋が並べてあるので、OKですね。。

ただ、雨でレンズが濡れてしまい、部分的にピンボケみたいに、残念~(笑)
基礎配筋
基礎配筋
そのベース筋を支えるのが、サイコロという部材。

これで支えることで、ベース筋の下側にもコンクリ-トが入り込み

より良いコンクリ-トができあがるのですね~。。

鉄筋からの爆裂を防ぐ為の、この隙間を、コンクリ-トかぶりと言います。

このサイコロも、適当に置けば良い、、ってわけではなく、約1mピッチで置かなければならないのですね~


補強筋
補強筋
左の写真は、人通口によるベ-ス配筋の補強筋です。

ここは、基礎が出来上がると、開口になり、床下に入った時に人が通れるよう

床下点検できるように、立上りコンが無い部分なんです。

立上りが無い・・ってことは、理屈的にその下のベ-スで補強しておかないと、、ですね。

建物の隅部分にあたるところにも、補強筋が入っています。

火打ち梁のように、コ-ナ-部分を三角に補強しているのですね~


コンクリ-ト強度は、24-18-25の予定。

最初の24とは、、24N(ニュ-トン)、コンクリ-トの圧縮強度こと。

数値的に表記しますと24N/m㎡=240kgf/c㎡

次の18とは、、スランプ値のこと。。簡単に言うと生コンの柔らかさですかね。

最後の25とは、、生コンに入っている骨材の大きさのこと。ようは砂利の大きさ。。。なんです~

打設する生コンの強度も、しっかりと管理しなければ、ダメなんです。

コルクタイル貼り

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、コルクタイルの紹介です。

内部の床に使用する部材なんですが、コルク風の柄でなく、、ほんとのコルク材でできている材料。

30cm角のタイル状になっており、厚さは、約5mm程度。。

今回は、数年経ったお宅のキッチン改修工事として、

新築当時に貼った、コルク床材を今回も貼り付け・・・
コルク床貼り
裏面
コルク床貼り
表面
東亜コルクというメ-カ-さんの材料です。

色はホワイト系。。表面には、何かしら処理した、ちょっとツルツルした感じになっています。

やはり、ほんとのコルクなので、質感は最高ですね!!

床面には、肌さわりというか、足さわりが、気持ちいいですね~



では、施工方法。。。
コルク床貼り
まずは、貼るタイルの裏側に、メ-カ-専用のボンドを塗ります。。
コルク床貼り
下地の床にも、同じボンドを塗ります。

これは、両面接着の仕様なんですね~。。

さらに、速乾ではなく、ボンドを塗ったら、オ-プンタイムが必要なんです。

ボンドが乾いたら(白いのが透明になったら)、貼り付けOKなんです。

こういう内装材のボンドって多いです。。

ボンドを乾かしてから貼り付けするオ-プンタイム・・って重要なんです~
コルク床貼り
オ-プンタイムをとって、、、いよいよ、接着。。

一枚ずつ、丁寧にラインを合わせながら貼り付けていきます。


コルク床貼り
コルク床貼り
一枚ずつ貼ったコルクタイルはあっという間に、貼り付け完了~

キッチンも設置して、ずべて改修工事は完了しました。。


コルクタイル・・・なかなか新築工事で採用されない仕上げ材ですが、

やはり、その質感は、ぐんを抜いてますね。。

そのコルクタイルに載った時に、ほどよい柔らかさと固さ、、そして何より自然素材なので

足から伝わる気持ち良さがあります!!


私が長年監督している中で、2・3件しか見たことがないですが、

その存在感は、バツグンだと思います。。 

こんな床を盛大に貼ってみたいですね~。

照明付き家庭用プロジェクタ-

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、照明付きプロジェクタ-の紹介です。

そう! みなさんご存知?の Amazonのポップインアラジンです。

これで、私が新築の現場で見たのは、4件目かな・・・

みなさん、寝室に取付してますね、、
照明付きプロジェクタ-
照明付きプロジェクタ-
照明器具としても、すごく優秀で、6段階の明るさ調整ができ、

6段階の色からも選べる、調光・調色、機能が付いているんです。。

しかも取付は、簡単で、引掛けシ-リングが付いていれば、そこへカチって嵌めるだけなので、

誰にでも取付できますし、今回は新築の現場なんですが、既存のお宅でも、取付できますね~

プロジェクタ-としては、40~120インチの画面設定ができ、

当然、照明の位置と投影する壁との距離によって、その画面の大きさは左右されますが。。。

映像の信号は、ブル-トゥ-スで受信でき、スピ-カ-も内臓されているので、

ほんと、この照明だけで、映像も音声も大丈夫なんですね~

内臓されているOSはAndroid


照明付きプロジェクタ-
照明付きプロジェクタ-
この照明を選択する時のポイントは

①デザイン性、、、いろんな機能が満載なので、さすがにこの大きさというか厚さがあって、

デザイン的にどうなの??って感じはします。 今までの取付したお客様のように

寝室でしたら、良いのかな。。と思います。

②投影する壁、、もちろん普通の壁紙でもOKなんですが、よりキレイな画像を見るのであれば

クロスにプロジェクタ-用クロスがありますので、それを張るといいでしょう。。。

ちなみに、この壁には、そのプロジェクタ-用のクロスを採用されました。

写真を撮影した時が、日中で明るいので、こんな写真ですが、

周りが暗くなれば、もっともっとキレイに鮮明に見えます。


私は、良く、寝室で布団に入り、映画をみながら寝てしまう・・それが好きなんですが、

このポップインアラジンならスッキリした壁に大きな画面でみれるので、憧れますね。。。

金額は、約7万円ほどで入手できるようでして、、

我家の寝室にも、取付したいな・・・って、これを見るたびに、いつも思うのでした・・・

吹抜け完成

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。。。

今日は、静岡市葵区安倍口新田の現場で、完成引渡し・・

ですが、残念ながら私は、既存お宅の補修や改修工事の立会いでどうしても

その引渡しに参加できず、、、

見学会をおこなった現場ですが、私から見た、ここの現場の見どころを紹介します。。


ここの現場は、やはり大きなリビングに吹抜け。。

キャットウォ-クではないですが、回廊できるようにベランダへ出られるようにしたこと。。ここポイントですね
吹抜けリビング
この吹抜けの腰壁、手摺壁は、、昨日紹介した南海プライウッドのルミストというシリ-ズ

腰壁を造作で製作し、プラスタ-ボ-ドを張りクロスで仕上げるよりも、、、

やはりオ-プン的で、何と言えばいいでしょう・・気持いい2階のホ-ルからの眺めですね!!
吹抜けリビング
吹抜けリビング
リビングのTV台、背面の壁には、、、エコカラットのスト-ングレ-ス貼り。

背面全面のこのタイルを貼ると、圧巻ですね。。

TV壁掛けをしたら、もっとこの壁が生きてくるでしょう!!

うん、この状態ですと、ちょっと寂しいですもんね。
吹抜けリビング
吹抜けリビング
吹抜けは、その空間を広く感じることができる要素でもあります。

ですが、吹抜けの空間を創るには、構造状、構造計算的にも、ちょっと難しい事も多々。。

大きな空間を創る為に、梁を大きくしたり、1階のそれを支える壁が必要であったり、、

壁を2重で作らなければならなかったり・・・

地震に強い家、、耐震等級3を取得するために、壁や柱が必要なんです。。これを頭に入れておきたいですね。


南海ルミストのオ-プン階段

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、先日、見学会を開催した、藤枝市下之郷の現場へ行き、

浄化槽設置やTV台など、、、最終仕上げ状況のチェックしてきました。。。

TV台は、周囲の色合いに合わせた、特注の家具を製作・・・

上部の幕板も同じ色で作りました。。。
TV台
残念ながら見学会にどうしても間に合わなかった、このTV台

やっぱり、ここへ設置されると、一気にリビング空間がしまりますね。

色合いを周囲と合わせたこのTV台、、、施工した工務店でないと創れない逸品です!!
オ-プン階段
リビングにかかっているこのオ-プン階段は、

『南海プライウッド』というメ-カ-、、で『ルミスト』というシリ-ズです。

階段からそのままの形で、吹抜けの腰壁につながっています。。

透明パネル部分にまだ養生シ-トが貼られたままですが、

この階段なら、リビングにあっても開放的で、いいですね!!
オ-プン階段
この階段、登ったり、降りたり、、、してみました。

踏板を支えるフレ-ムが2本。。一番下の床と、一番上の壁に、

がっちりと数本のボルトで固定。 ですが、やはり長いフレ-ムで踏板を支えてますので、

たわみがある、というか、昇降すると、少し揺れる感じがします。。

ま、でも、これは仕方ない。。。というか、この階段の構造状は、このぐらいの揺れは当然でしょう!


なんか、もうちょっとシンプルな構造で、もうちょっとスッキリした形状の

オ-プン階段があるといいな・・・なんて私は思いました。


しかし!!

素敵なリビングが完成しました!! 

このリビングで家族団欒する様子が象像できますね・・・

敷地調査

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

静岡県焼津市上新田の現場では、解体工事が終了したとのことで、

現地、敷地状況の確認をしてきました。。

まずは、敷地の高低差があるか、、です。

これは、正確に測量して設計GLを確定したいとこですが、大きな弊害になるような高低差が

敷地状況であるのか、ないのか、まずは目視です。
敷地調査
敷地内に入り、道路の方向を見てみると、

道路勾配に合わせて、左側の土地レベルが高いです。。

なので、どこから駐車場計画をして、どうやって車を停めて、玄関のアプロ-チにつながるか、、ですね。


ですが、ここの土地は、それほど土地に高低差がないので、問題なく、アプロ-チ計画はいくでしょう。。。

敷地調査
敷地調査
境界ポイントの確認もしました。

それぞれ、東西南北、折れ点・支点になるところには、境界ポイントが刻まれていたので、安心です。

お隣さんとの境界には、ブロックを積みたいとこですね。。

土地レベルの違いが発生し、お隣さんへ土が流れてしまうことも防ぎたいですし、、

やはり境界は、しっかりとブロックなど積むことでラインをひいておいた方が、

後々、お隣さんとの問題にもなりませんから・・・


そして、上空を見上げると、、
敷地調査
敷地内に、電線がかかっていました。。

この線は、電気の高圧線ですね。。しかも支持線も、ありました。。

工事の作業的には、支障がないですが、、支持線は、中電さんに連絡して撤去してもらいたいですね・・・


あと、高圧線でなく一般の電気線と弱電線が、手前の電柱で停まってしまっているので、

早めに工事連絡をしておきたいとこです。。

工事作業するには、電気と水は必要ですからね・・ 


あとは、下水なのか浄化槽なのか、井戸なのか水道なのか、、道路側溝はあるのか、、

道路側溝って、意外と重要で、家から出た排水をどこに流すかによって

道路横断工事をしなければならない状況にあったりもするのです。。


こうやって、確認申請を進める前に、敷地状況をチェックしておくだけで、工事は順調に進むのですね。。。

壁にプラスタ-ボ-ド貼り

こんにちは。  マルモホ-ムの川口です。

今日は、静岡市葵区安西の現場へ行き、内部プラスタ-ボ-ド貼りの作業状況を確認しました。

2階へ上がると、リビングの壁にプラスタ-ボ-ドを大工さんが貼っていました。

3尺の脚立に上がり、ボ-ド取付中・・です。

おっ!! この時が一番危険。

大工さんに、脚立作業を気を付けてね、、と声を掛けました。
ボ-ド貼り
実は、この建築業界で、一番ケガがしやすいのが、

ちょっと低い脚立に載って作業している時、、だそうです。

3尺や4尺の脚立作業が一番危険なんです。。

高い足場などの作業は、気持ち的に気を張って慎重に作業しますが、

このくらい低い脚立作業ですと、こころの油断がおきるようで、

ここから転倒してケガをした事例が多いようなんです。。。


そのボ-ドをビスで留めている機械に注目。
ボ-ド貼り
連結されたビスを、ビス打ち機にセット。。

この機械は、コンプレッサ-から送られた空気で動き、ビスを一瞬にして打ち付けるものなんです。
ボ-ド貼り
ボ-ド貼り
ボ-ド貼り
セットしたビスが、回転しながら、ボ-ドに刺さり、ある程度圧力がかかると、

その回転は止まり、写真のようにビス留めが完了。。。

改めて考えると、この機械すごいですね。。どこでどうやって回転しながらビス打ちするのだろう・・

私が現場監督になったころは、こんなビス打ち機械なんてありませんでした。

一本ずつ、時間をかけて、留めていたような気がします。

作業効率は、ものすごくUPしましたね。。。やっぱ、道具がものを言いますね!!
ボ-ド貼り
ボ-ド貼り
そのボ-ドを取付するビスは、国土大臣認定のビスでないとダメですよ。。

ここがポイント!!

なぜか? と言いますと、

内部の壁プラスタ-ボ-ドも、実は、耐震上、有効な壁に計算してまして

準耐力壁として構造計算されているのです。。そうすると、

そのボ-ドを留めているビスの種類も重要なんですね~

それに対して、耐力壁は、筋違いや面材を張った壁。

それ以外の準耐力壁について、確認を怠りがちですが、意外と重要なんです。


それにしても、油断せずに安全に気を張って、ボ-ド工事してくださいね・・と

大工さんに声をかけて、私は、次の現場チェックに行きました・・・・

scroll-to-top
  • 見学会情報
  • 資料請求お問合せ
静岡のマルモホームのコンセプト
株式会社 建設のマルモ
TEL 054(284) 5078 FAX 054(284)3180
本社/〒422-8045 静岡市駿河区西島1038-2
Email: info@marumohome.com
静岡市|注文住宅 マルモホームへの電話はこちら 0120-803-088
静岡市|注文住宅 マルモホームへの資料請求・お問い合わせはこちらから